Web

インターネットじいちゃん死去。youtube投稿で人気者に―英国―

300万回以上の投稿で人気者

86歳の生涯を終える。

ビーター・オークレイさんという英国の男性が86歳の生涯を終えました。

英国中がその死を悼みました。

このおじいちゃん、なぜそれほどの知名度があったのでしょうか。

彼は

インターネットじいちゃん

と呼ばれ、英国の人気者だったのです。

youtubeとの出会い

1927年生まれのオークレイさんは妻に先立たれ、ひとりで過ごしていました。

そんななか2006年にyoutubeと出会います。

geriatric1927のユーザー名でfirst tryという初めての動画投稿を行ったところ、たちまち注目を集めます。

以降400本を超える動画を投稿し一躍人気者となりました。

200万回を超える再生回数

オークレイさんの投稿は、主にカメラに向かって自身が日々のニュースや出来事などを語る日記形式の動画です。

「first try」は

再生回数200万回

を超え、登録ユーザー数は現在までに4万人を超え

世界で最もチャンネル登録者の多いユーザー


となり、インターネットじいちゃんと呼ばれるほどの人気ものになったのです。

生前マスコミのインタビューに対し

みんなが私を有名人だと言ってくれる


と答え、その状況を楽しんでいたそうです。



スポンサーリンク

アクティブなおじいちゃんだった

バンドのメンバーという一面も

オークレイさんにはもう一つの顔がありました。

同年代の仲間たちとバンドを組んで音楽活動も行っていました。

英国営放送への出演をきっかけに知名度を高め、ザ・フーのカバー曲をリリース。

この曲は英国シングルチャートで26位を記録、ドイツやアメリカでライヴを行ったこともあるそうです。

最後の投稿で「さようなら」

そんな充実した晩年を過ごしたオークレイさんでしたが今年2月に末期がんに侵されていることを発表

最後の動画となった2月12日の投稿では最後に

さようなら


と挨拶し、8年間に渡る投稿にピリオドをうちました。

オークレイさんはアクティブなおじいちゃんでした。

晩年に知ったyoutubeというメディアを通じて、表現を発信し続けたのです。

その動画は決して派手なものではありませんでした。

カメラに向かって語りかけるというスタイルでした。

もっともオーソドックスな形態ではありますが、ここまでの登録ユーザーを獲得したとうことはオークレイさんの人柄が動画によく現れていたにちがいありません。

オークレイさんの死後、彼の死を悼むコメントが続々と寄せられているということです。

ご冥福をお祈りいたします。


まさケロンのひとこと

話し方がホンマに優しそうな人やなぁ~
多くの人から、ご冥福の言葉をもらって幸せそうやな・・・

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」