Web 飲食店

bento.jpがオープン。注文後20分でランチをお届け

タップ操作でランチが届く

ランチって結構面倒だったりする

ランチタイムって結構面倒だったりしませんか?

店はたいてい込んでます。

時間は限られているから悠長に列に並んで待つのも限界があります。

そんなときに便利なのがコンビニ

結局毎日コンビニ弁当ですませるパターンに陥ったりします。

コンビニはいいけど、比較的割高だし飽きてきますよね。

それでは弁当を持ってこようとするけれど、長続きしない。

もっとほかの選択肢がないかな、なんて思っていたところに朗報が飛び込んできました。

スマホで注文するだけでランチを届けてくれるサービス

bento.jp

です。


注文後20分は魅力

宅配サービスは珍しいものではありません。

配達までに時間がかかったり、複数の注文でないと配達してもらえなかったりと以外と融通が利かないことが多い。

でもbento.jpは使えます。

なんと注文後20分で届けてくれます。

もちろんひとつからでも注文を受けてくれます。

味も妥協してない

味はどうなのでしょう。

20分で配達してくれるのは魅力だけどおいしくなければ意味がありません。

心配は無用です。

ミシュランの星を獲得したレストランで修行をしたシェフが作っています。

現状では日替わり弁当のみの取り扱い。

唐揚げ弁当やチキン南蛮弁当といった定番メニューを提供しています。利用エリアは渋谷区と港区の一部に限られていますが、今後拡大予定とのこと。



スポンサーリンク

翌日・当日配送から数時間・数十分の時代へ

ランチ市場にイノベーションを

なぜこのようなサービスを手がけたのか?

創業者の小林篤昌氏のインタビューがWebにアップされています。

これによると小林氏自身がオフィスでのランチに不便を感じたことがきっかけとのことです。

選択肢の幅が限られているランチ市場にイノベーションを起こしたい、と語っています。

数時間から数十分

Amazonなどをはじめ、翌日当日配送が当たり前の世界になりつつあります。今後、数時間、数十分後の配送が必ず来る


と小林氏は語ります。

欲しいときに欲しいものを手軽に、を実現させたのが「bento.jp」なのだそうです。

「bento.jp」が成功すれば弁当以外の商材も数十分配送が可能になるというという展望が小林氏にはあるようです。

食べてみたい

筆者の職場は対象エリア外なので、今のところ「bento.jp」が利用できません。

でも食べてみたいです。

ランチタイムだ

スマホを取り出し、ワンタップ。

20分後においしいランチにありつける。

すごくスマートで憧れます。

「bento.jp」さん、早くエリアを拡大してください。

まさケロンのひとこと

頼んで20分後に届くってめっちゃ便利やなぁ~
しかも、ミシュランの星をもらったレストランで修行した人が作ってるんやったら、味も間違いないわ!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」