ビジネス・経済ニュース 生活の豆知識

ナビゲートしてくれる靴 「supershoes」これで道に迷うことはなくなった。

土地勘

迷う人と迷わない人

土地勘という言葉がふさわしいかどうかは別にして、人間には道に迷う人と迷わない人の2つのタイプがあると思います。

迷う人は地図を見ても迷います。

一方迷わない人は地図なんか持っていなくても目的地にたどりついてしまいます。

筆者はどちらかといえば迷わない人です。

初めての場所は絶対に地図が必要ですが、迷って目的地に着かなかったことは一度もありません。

迷うことはたまにありますが、なんとなく感を頼るとほとんど目的地が見つかります。

余談ですが筆者は建物の中の方が迷うことが多いです。

大規模なショッピングモールなどに行くと、ほぼ100パーセント迷います。

不思議なものです。

今はナビがある

今は地図アプリやナビなどがあるので、かなり便利になったと思います。

現在位置情報も自動で取得してくれるのが当たり前の世の中です。

設定しておけば、迷うことなく確実に目的地に到着できるようになりました。

ビジネスなどで活用している人も多いのではないかと思います。

カーナビも標準搭載が当たり前になってきているようです。

表現はおかしいですが、ますます道に迷いづらい環境が整いつつあります。



スポンサーリンク

supershoesは目的地に連れて行ってくれる靴

振動で方向を指示

米マサチューセッツ工科大学が目的地まで連れて行ってくれる靴の開発に成功しました。

supershoes

と名付けられたこの靴はスマートフォンの専用アプリと連動し、目的地までナビゲートしてくれるのです。

「supershoes」は厳密にいえば靴ではなくインソールという形態をとっています。

振動により利用者を目的地へと導くのです。

たとえば右に曲がる必要があれば右側のインソールが振動します。

このようにして目的地まで案内してくれるのです。

これが商品化されれば地図はいらなくなります。

靴が意識を持ったかのよう

さらに自分の興味あるものを設定しておくとその場所に連れて行ってくれるそうです。

たとえば本好きなら、近所の図書館とか、本を読むのに最適なカフェなどを教えてくれるのです。

レストランなども好みの料理を設定しておけば、それにあった店を教えてくれるわけです。

今まで知らなかった店が見つかるかもしれませんね。

また子どもにsupershoesをはかせておけば迷子になったときに親の元に帰ることができるよう誘導することが可能になります。

これは是非履いてみたいですね。

安価で商品化されることを希望します。

まさケロンのひとこと

まさケロンは、道に迷う人やなぁ~
カーナビとか見てても、距離感がつかめんくて曲がるとこをスルーしたりとかあるあるやわ・・・
早く商品化して欲しいなぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」