インターネットコミュニケーション メンタルヘルス

デジタルデトックスのすすめ。たまにはオフラインで生活してみよう

タブレット

スマホなしの一日

スマホがないと落ち着かない

先日、出社してから気が付いたのですが

スマホを持ってくるのを忘れました。

取りに戻ることもできず、しかたなく1日スマホなしで過ごすことにしました。

筆者はスマホに依存しているという自覚がありませんでした。

むしろ依存していない、スマホなんか無くても問題ないと考えていたのですが、落ち着かないんです。

休憩時間などにメールやフェイスブックのチェックができないとこんなに落ち着かないものだとは思いませんでした。

電車の中も退屈で時間を持て余してしまいます。

裏を返せば

いかに自分がスマホに依存していたかということです。


オンライン人間だったことを自覚

筆者の仕事はその日の天気に大きな影響を受けます。

スマホなしでは天気予報のチェックもできないのです。

スマホをいじっていない筆者の姿を見て、同僚が

どうしたの?


と話しかけてきました。

スマホを忘れてきてしまったことを告げると

ほんとかよ?俺なんか財布忘れてもスマホは絶対忘れないぜ


と呆れていました。

時間を持て余してしまったため、同僚たちと雑談でもして過ごそうと思ったのですが、みんなスマホを操作していて話などできるような雰囲気ではありません。

スマホを忘れたことを後悔しました。

こうしている間にも何か重要なメールが届いていたりしないだろうか?

フェイスブックの投稿に「いいね」出来ない、などと不安になってくるのです。

自分が思っていた以上にオンライン人間であり、ネット依存度が高いことに気づかされました。



スポンサーリンク

デジタルデトックスのすすめ

あなたはデジタル人間かも

言うまでもなくインターネットは現代人の生活に密着しています。

携帯やスマホの爆発的普及によりこの傾向は加速しているといっても過言ではないでしょう。

そのため本人の意思とは関係なく、知らないうちに

デジタル中毒

になっていることが多いようです。

こんな症状はありませんか?

  • 家族や目の前の人と会話せずスマホのチェックに没頭する
  • SNSに書き込むネタのために行動することがある
  • 電波が届かないところには行きたくない
  • 受信状態が良好でないとイライラする

もし当てはまるものがあればあなたもデジタル中毒なのかも知れません。

デジタルデトックス

というものがあります。

あえてスマホなしで過ごす、ネットに繋がない生活をしてみる、というデジタル中毒を回避させるための行為です。

デジタルデトックスのやり方

デジタルデトックスにルールはありません。

週末の外出時にあえてスマホを持ち歩かない。
あるいは電波の届かないような場所に旅行に行く。


米国では3泊4日程度のキャンプでオフライン生活を体験する

デジタルデトックスプラン

というものがあるそうです。

筆者はスマホを忘れたことでプチデジタルデトックスを経験しました。

自分がデジタル中毒だったことが自覚できただけでも大きな意味があったと思います。

デジタル中毒を克服するという大げさなものでなくてもかまわないと思います。

ちょっとリセットするような感覚でデジタルデトックスを皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?

まさケロンのひとこと

なんでもやり過ぎはアカンってことや!
常に携帯をいじってる人なんかは、注意しいやぁ~
電車とかバスの優先座席付近では、電源OFFやで!

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」