日本のこと 飲食店

牡蠣小屋に行く前に確認したいこと。牡蠣以外のメニューも豊富!

カキが食べたい!
Written by なつき

冬の足音が聞こえてくると、海岸沿いのビニールハウスの横に、色とりどりのノボリが並びます。

そこには『牡蠣』という文字が大きく書かれていて、何やらいい香りもしてきます。

そう、ここは毎年冬になると牡蠣小屋が並ぶ地域。

それぞれの店がそれぞれに工夫を凝らして、お客さんが来るのを待っています。

ブームになりつつある牡蠣小屋。

牡蠣が好きな人なら、ぜひ一度は行ってみたいものですよね。



スポンサーリンク

まずは確認

牡蠣小屋が営業するのは、だいたい11月~3月の冬季限定。

営業時間はお店によって違うので、電話やHPで事前に確認することをおススメします。

土日祝日などに行く場合は必ず予約を入れましょう。

お腹が空いているのに待たされるのは辛いもの。

予約をしておけば安心です。

着ていく物にも気を付けて

貝の中から熱い水が

牡蠣小屋に行くときは、あまり高い服やお気に入りの服で行かないようにしましょう。

牡蠣を焼いている時に、貝の中から『熱い水』が飛び出すことがあります。

結構勢い良く飛ぶので、衣類にかかってしまうことが多いのです。

灰にも注意

また炭火で焼く場合は、『灰』が飛んでしまうことも。

お店によっては、衣類に汚れが付かないように、エプロンやジャンパーなどを無料で貸し出している所もありますが、それなりの服で行く方が無難です。

厚着しすぎないように

また海岸にある牡蠣小屋だからといって、やたらと厚着をして行かないようにしましょう。

目の前で焼くので、その時はかなり暑くなります。

『着脱が簡単に出来る格好』で行くのをおススメします。

基本情報

食べ放題とそうでないお店がある

牡蠣小屋には食べ放題のお店もあれば、そうでないお店もあります。

どちらがお得かは、食べに行く人の胃袋の大きさによるでしょう。

また60分や90分、120分というふうな制限時間を設けているお店が殆どですが、空いている場合は、そのへんを緩く見てくれるお店もあるようです。

必要なアイテムは基本無料で貸し出してくれる

牡蠣を焼いたり食べたりする時に必要なアイテム、

  • 軍手
  • トング
  • 牡蠣ナイフ
  • タオル


などは、基本無料で貸し出してくれます。

牡蠣以外もあるの?

メニューは牡蠣だけではありません。


牡蠣の他には、

  • ハマグリ
  • サザエ
  • ホタテ
  • えび
  • いか
  • アナゴ
  • アジ
  • サワラ
  • ししゃも


また、子どもが大好きなウィンナーやお店によっては地鶏、豚バラなどもあるんです。

絶対食べたい牡蠣飯、ホイル焼きにするイワシ明太、いかの一夜干しも食欲をそそります。

カニ汁、唐揚げ、うに、なまこ、おにぎりなどの一品物メニューが充実しているお店も。

ドリンクもアルコール類からソフトドリンクまで、一通り揃っています。

持ち込みがOKなお店も

持ち込みがOKなお店もあります。

基本的には「網の上で焼かない物のみ」の持ち込みを認めてくれています。

例えばおにぎりや飲み物、調味料といった物ですね。

調味料もポン酢や醤油、レモン汁、七味などは大抵のお店で常備していますが、

それ以外の調味料を使いたい場合は、お店の方に確認してみましょう。

こんな所に牡蠣小屋が!?

都会のど真ん中にも

「牡蠣小屋は海の近く」というイメージが近かったのですが、ここ最近は都会のど真ん中で営業するお店も増えてきました。

東京なら渋谷、大阪なら難波、福岡なら天神などというふうに、わりと気軽に立ち寄れるようになってきています。

都会の牡蠣小屋は一年中営業していたり、営業時間も長めの設定になっていることが多いようです。

またバーベキューのように一式貸し出してくれる会社もあります。

コンロやテーブル、イス、トング、軍手、牡蠣ナイフ、テント、もちろん主役の牡蠣も付いています。

冬の恒例イベントとして、気の合う仲間と自宅の庭を牡蠣小屋にしちゃうのもいいかも。

さあ、行ってみよう

身近になった牡蠣

なかなか焼きたてを食べられる機会が少なかった牡蠣が、牡蠣小屋のおかげで、だいぶ身近に感じられるようになってきました。

敷居も高い訳じゃなく、気軽にワイワイ行けるのも嬉しいですね。

事前に確認したい内容

  • 定休日と営業時間
  • 予約が必要かどうか
  • エプロンなどの貸し出しは?
  • 制限時間と料金
  • 持ち込みOK?


金額も居酒屋の一般的なコースとあまり変わらないので、むちゃくちゃ食べちゃう学生さんも安心です。

今シーズンこそ、冬の味覚を堪能しに、牡蠣小屋に行ってみませんか?

まさケロンのひとこと

牡蠣小屋に行く時に着ていく服には気をつけなきゃ!・・・え?お前は服を着るのかだって?

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

なつき

東京都出身。飲食店で勤務をしながら、趣味で執筆。エッセイコンクール等で入賞多数。2010年からライターとして執筆開始。2014年本格的にフリーとして始動。結婚、恋愛、教育、子育て、スポーツ、健康、保険、季節のイベント等の記事を中心に執筆。2013年FP2級取得。