インターネット詐欺

詐欺ではないけれど。メルマガの果てにたどりついたもの

薄暗いトンネル

世の中を動かしているもの

不安

世の中が何を原動力として動いているかということが、ふと気になって、考えてみました。

時代によって違いはあるかと思います。

現在世の中を動かしているものは不安ではないでしょうか。

何度かお伝えしていますが、書店には現在、自己啓発本があふれています。

みんなが何かに不安を抱えているからこそ、こういった「自分を変える」ことがテーマである本が出版され、売れているのだと思います。

この不安の出所は何なのでしょうか?

多少、景気が良くなってきたとはいえ、まだまだ生活は苦しい状態です。

社会人となって働き、結婚して家族ができる。そんな人たちにとって、いまの世の中は居心地が良いとは思えません。

ビジネス

こういった不安を解消させることができるなら、誰だってそれに頼りたいと考えます。

書店にならぶ自己啓発本はそんな心理をビジネスに応用した好例といえるのではないでしょうか。

このようなビジネスはネット上でも散見されます。

たとえば筆者が頻繁に使用しているFacebookではフィード上に様々な広告が表示されます。

「多くの人が実感、聴くだけで英語が聞き取れるようになる教材」

「100万円以下なら、審査不要。即日融資可のローン」

「youtuber必見、映像のプロが直接指導、動画編集ワークショップ」


これらは、

英語をマスターすれば今よりも安定した収入が得られるのではないか、どこのローンも断られた。でもここなら融資してもらえるかもしれない、プロの技術を身につけて、youtubeのフォロアーを増やそう!


という、多くの人が抱える「今の状況から抜け出したい」という心理をビジネスに取り入れている例です。

しかし多くの場合、これらのコンテンツ、サービスを利用するにはお金を払わなければいけません。「有料」ということになります。

無料でテクニックを伝授します。

そんな中である広告が目に付きました。

「残業ゼロ、時間を有効に使うためのテクニックを無料で伝授」

ちょっと気になったので、詳しく読んでみました。

その記事は、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズといった天才と一般人の違いについて述べられていました。

その違いは脳の使い方にある、脳の潜在能力を高めるだけで誰でも仕事のスピードを加速させることができる、ついてはその基本的な方法をメールマガジン形式で無料で伝授するので希望者は登録してください、という内容です。

明らかに「怪しい」と感じました。

筆者は慎重というよりも臆病なので、こういった広告や勧誘につられたことはありません。

でも、これに登録したら最終的にどのようなことになるのか、興味がわいてきました。

なにごとも経験が大事、ちょっと強引な理由を自分の中でこじつけながら、メールマガジンを登録してみたのです。



スポンサーリンク

メールマガジン購読

内容に偽りなし

登録の際に入力した情報は、メールアドレスと名前のみ。登録直後にさっそくメールが届きました。

登録完了のお知らせというタイトルがついています。

それによれば14回にわたって脳を効率的に使うテクニックを伝授していくとのこと。

末尾には購読解除のためのリンクも記載されており、これをみる限り、悪質なものではなさそうです。

翌日からほぼ毎日メールマガジンが届きました。

内容は「脳を活性化させる」テクニックの概要が書かれて、毎回主催者の補足説明的な動画へのリンクが記載されています。一応その動画も閲覧してみました。

人間の脳は実はその能力の数パーセントしか日常的に使っていない。

世界に名だたる天才と呼ばれる人物に共通することは、脳の潜在能力を何らかの形で引き出している。

その方法は難しそうに思えるかもしれないがトレーニングすることにより誰でも「脳の潜在力」を高めることができる。そんな解説でした。

まあ、テクニック伝授と言っておきながら、メールマガジン本文も動画も概要的なことしか伝えていないことは気になるものの、詐欺ではなさそうです。おおむね広告どおりの展開です。

けっこうポジティブ

このメールマガジンの評価できるところは、露骨に不安をあおるような内容ではなかったという点です。全体的にポジティブです。

みんなが持っている脳は使い方次第でスゴイ能力を発揮するんだよ。才能の違いなんてないんです。ちょっと考え方を変え、ここで推奨するトレーニングを実施するだけで誰でもビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのような結果が出せるんです。


というムードで貫かれています。

ポジティブに語るところが戦略なのかもしれませんが、記事を読んでいてイヤな気はしませんでした。

でも内容が実践的ではなく概論なのがやっぱり気になります。

最終的にはこんなオチが待っていた

ついに最終号、やっぱり…

そしてついにメールマガジンの最終号が届きました。「テクニックを伝授」といっておきながら具体的なトレーニング方法にはいっさいふれずにここまできたこのメールマガジンはいったいどのようなオチをつけてくれるのかと、ちょっとゆがんだ期待を抱いて読んでみると、


『これまで本メールマガジンをお読みいただきありがとうございました。いくつかのトレーニング方法を紹介させていただきましたが、継続的に取り組んでいらっしゃいますでしょうか?

(取り組んでないよ。そもそもトレーニング方法なんて教えてもらってない!)


今日はあなたにとっておきの内容を紹介させていただきます。

(中略)

このトレーニング方法を用いることにより、誰でも飛躍的に脳の潜在能力を上げることが可能なのです。

ではどうやって行うのか。

以下のリンクをクリックしてください』



ここまで読んで筆者は膝を打って喜びました。

そうか、これで具体的なトレーニング方法を教えてもらえるのか、

早速リンクをクリックすると、

なんと、

「見るだけで脳の処理能力が上がる」

というトレーニングDVDの購入ページが表示されたではありませんか。

しかも

「3日間限定」

で、

「通常価格80000円が65000円での提供」

だそうです。

ああ、こういうオチだったのですね。もちろん買いません。詐欺とは言わないけれど、なんかがっかりです。

最初は冷静に見守っていた筆者でしたが、メールマガジンを読み進めるうちにいつの間にか「脳の潜在能力を高めたい」と考えるようになったのでしょうか。

筆者も平凡な人間です。不安を抱えて生きています。できれば不安を解消したいと思っているのは皆さんと同じです。

真の意味での無料は成り立たない?

パソコン用OSのひとつであるLINUXの開発者は、これを無償で世界中に提供しました。

ビル・ゲイツみたいにビジネスに発展させることもできたのにです。

誰か人が幸せになるようなテクニックを本当に無料で伝授してくれませんかね。

無理かな、みんな生活がかかっていて、お金を稼がないとこまるからなあ。

まさケロンのひとこと

マーケティング用語に「フロントエンド」と「バックエンド」ってあるよね。この記事の例はまさにそれ!
無料で情報を提供してるのは、バックエンド商品を売るための戦略なんだね。
マクドナルドとかでもこういった戦略は使われてるし、こういう「やり方」を知っておくのは大切そうだね。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」