節約術・お金を増やす

財布の中を即確認! レアもの硬貨の見分け方

財布を開けたら1円

これがレアもの硬貨だ

筆者は子供のころ、映画のチラシをコレクションするのが趣味でした。映画のチラシは一時期は大きなブームとなり、ものによっては数千円で取り引きされるケースもあったのですが、現在はブームも去り最盛期ほどプレミアがつくことはないと聞いています。

ところでみなさんが毎日目にしているもので、もしかしたらものすごいお宝に発展するケースがあるものをご存じですか?

それは

「お金」

です。

希少価値のある硬貨は、たとえば50円玉が5000円以上で取り引きされるケースもあるんです。

どんな硬貨にプレミアがつくのか、さっそく見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

年号によってはプレミアが

まず年号です。古いものに値打ちがあると思われがちですが、実は平成22年〜平成25年の1円玉、5円玉、50円玉が見つかった場合はプレミアがつく可能性があります。

比較的最近なのに、なぜお宝となる可能性があるかというと、じつはこの年代に作られたものはコレクター向けのセットとしてしか販売されておらず、一般に流通していないのだそうです。

だから見つかればプレミアがつく可能性があるのです。状態などにもよりますが本来の価値の1000倍近くのプレミアがつく可能性があるそうですよ。

また50円玉に関しては、昭和62年のものもお宝となる可能性があります。

これは製造枚数が極端に少ないからだそうで、未使用品だった場合1万円以上で取り引きされたケースもあるそうです。

平成13年や14年の百円玉も製造枚数が少ないため要チェックです。

ぜひ見つけたいエラー硬貨

レアもの硬貨の代表ともいえるエラー硬貨。

50円玉や5円玉の穴があいていなかったり、穴の位置がずれてしまったりしている硬貨は素人が見てもプレミア必至です。

これらのエラー硬貨が見つかる確率はとても低く、そのぶん、本来の価値の数千倍のプレミアがつく超お宝といえるでしょう。

25万円〜30万円で取り引きされたケースもあります。

そう簡単には見つかりませんが、その油断が、実はお釣りとして渡された硬貨の中に含まれていたが気づかずに使ってしまった、なんてミスを生む可能性もあるわけで、いちどじっくり手持ちの硬貨をチェックすることもけっして無駄ではないはずです。

エラー硬貨の中には

「カゲウチ」

と呼ばれるものがあります。

これは裏と表が同じ柄になっているもので、非常にプレミア度が高いです。

「カゲウチ」の10円玉は50万円の価値があるといわれています。

いいですか、10円玉のくせに50万円の値段が付くんですよ。

「カゲウチ」は穴ずれなどと違い一見するとふつうの硬貨に見えます。

さあ、すぐに財布の中の硬貨をチェックしましょう。ひょっとしたらひょっとしますよ。

というわけで筆者も財布の中をチェックしてみました。

結果は…

お宝は全く見つかりませんでした。

まあもともとがあまり中身が入っていない財布なので、筆者の場合はよほどの運に恵まれない限り、レアもの硬貨との出会いはなさそうです。

なお、レアもの硬貨の価値は変動します。記事内に書かれた価格はあくまでも参考ですので、ご理解、ご了承ください。

まさケロンのひとこと

さぁ!みんなも今すぐお財布の中身をチェック!レア物硬貨が眠ってるかもよ?
入ってなかったらお釣りで小銭をいっぱいもらえるようにしてみる・・・とかこんなことまですることはないかな。。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」