履歴書

履歴書は手書きでなければ不採用になるのか?

履歴書

困っています

いまどき手書きでなくとも…

私事ですが、このたび履歴書を提出する必要に迫られています。

かなり前に購入した履歴書用紙を取り出して、いざ書き始めようとしたのですが、そこでふと疑問がわき上がってきて、筆が止まりました。

「履歴書って手書きでなければいけないのだろうか、このご時世、ワープロで作成してはいけないのだろうか?」


という疑問です。

確かに筆者が学生のころ、そして就職活動をしていたころは、手書きが当たり前でした。ワープロがほとんど普及していなかったこともありますが、

「就職のための履歴書は手書きが当たり前。手書き以外の履歴書を提出しようものなら一発ではじかれる」

そんな暗黙の了解がありまして、手書きでなくてもいいのではないか、なんて疑問にすら思いませんでした。

もちろん手書きであれば書き損じることもあります。誤字を修正ペンなどで修正するのは御法度、ミスをしたなら即始めから書き直しです。

また、あまり字が上手ではない筆者は、履歴書を提出するのが恥ずかしくてしかたありませんでした。汚い字だから不採用になったのではないかと、疑心暗鬼になったものです。

ですが時代は変わりワープロでの文書作成が常識のようになったいま、果たして履歴書といえども、手書きにこだわる必要はないのではないかと感じたのです。

社内文書で手書きはあり得ない。

たとえば会社内でやりとりされる文書は、業務連絡や企画書、報告書など様々ですが、まず、いまどきこういった文書を手書きで作成することは100パーセントあり得ないといっても過言ではありません。

逆にもし報告書を手書きで提出しようものなら「ワープロで打ち直せ」といわれるに違いありません。

手書きが許されるのはせいぜい電話の取り次ぎメモぐらいでしょう。

そんな状況なのですから履歴書は手書きでなくてはならないという道理はないような気がするのですが、どうなのでしょう?



スポンサーリンク

手書き、ワープロ。諸説ある

明確な回答は得られませんでした。

この疑問についてネット上のコメントを参照してみました。(そんなことをしているヒマがあったら、とっとと履歴書を書けばいいのですが…)

手書き、ワープロそれぞれの肯定派の意見があり、決定打は得られませんでした。

  • 「もはや、手書きにこだわる企業などない。逆に手書きにこだわっているような企業に未来はない」
  • 「直筆の履歴書を提出することが最低限のマナー、もしくは常識であるという考えはまだまだ多くの企業がもっている」


企業の人事担当者のコメントも読みましたが、それぞれの意見があり、明確な回答はありません。

最近はスマートフォンやパソコンから「WEB応募」が可能です。

その多くはアルバイトであり、正社員となると話は変わってくると思われますが、これらWEB応募は、あらかじめ学歴、職歴などを入力し、企業がそれを参照して、必要であれば面接を行うというステップがほとんどです。

このステップの中には手書きの履歴書を提出するという要素が皆無なわけです。

結局のところ企業は応募者を雇用するかしないかを、本人のスキルや適性、自己アピールなどから判断するのであり、その参考として「手書き」という材料は廃れていっているのではないかという気がします。

ある人事担当者が書いていたことですが、つまるところ「手書き」「ワープロ」も特に意識はしないそうです。

採用、不採用を大きく左右するのは応募者がどれだけ自分をアピールできているか、そして適性があるかどうかなのだそうです。

言い換えれば、「手書き」の方がアピールできるということであれば、手書きで、その逆であれば「ワープロ」でというのが一般的な考え方のようです。

まさケロンのひとこと

手書きの方がアピールできる人は、手書きにこだわる企業と相性が良いだろうしね。
ある意味これも適性検査?

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」