趣味・娯楽

ブロック指定が可能に e+イープラスの「座席選択プラス」に注目

コンサート会場

座席はチケットが届くまで分からない

当たり外れが激しいライヴの座席

筆者は割とライヴにはよく足を運びます。

ファンクラブも4つ入会していて、ツアーなどは、ほぼ欠かさず参加しています。

このようなコンサートやライヴに行ったことがある人なら分かっていただけると思いますが、“座席の位置”によってモチベーションが左右されます。

ステージに近ければ近いほど、盛り上がりますし、ステージから距離が離れると、やっぱりいまいち盛り上がれない。残念ながら現行のチケット販売システムでは、ライブのチケットが手元に届くまで、座席位置が分からないのです。

たとえファンクラブの先行予約でゲットしたチケットであっても必ずしも良い席とは限りません。

武道館とか東京ドームのような広い会場で座席位置が2階席後方だった場合は、本当に悲しくなります。

ステージ最前列に座っている人たちがうらやましくてしかたありません。

座席の位置は全くの運で、ファンクラブの会員だからとか、発売日に即、予約したからといって前方の席が当たる訳ではないという話を聞いたことがあります。

同じ料金でこの差は納得できない

同じ料金を払っているのに座席位置に差があるのは、納得できません。

来日アーティストの公演では、S席など、高額ですが前方のブロックの座席がゲットできる場合もありますが、そうではない国内アーティストの公演の場合は不公平感を感じます。

料金が発生しても良いから席があらかじめ選べるようなシステムが導入されないものかと思っていました。

たとえば映画の場合はネット予約や当日窓口でチケットを購入する場合のどちらもピンポイントで座席が選択できます。とてもフェアだと思います。



スポンサーリンク

イープラスの座席指定プラス

画期的なシステム

そんななか大手チケット購入サイトのe+イープラスが

「座席選択プラス」

というサービスを行っていることを知りました。以下その詳細ページです。


イープラスはこれまで「座席選択」というサービスを行っていました。

好きな席がピンポイントで選択できるといううれしいシステムです。

もちろんサービス料が発生します。これは現行の映画館の座席ピンポイント選択とほぼ同じです。

今回取り上げた「座席選択プラス」は好きな席をピンポイントで選択できるのは「座席選択」と同じですが、

  • 前方
  • 後方
  • 中央
  • 右寄り
  • 左寄り
  • 一階
  • 二階


などブロック指定が可能になったのです。

また、これに伴いサービス料は選択したブロックによって異なるとのこと。

これは素晴らしいシステムだと思います。ブロックごとにサービス料が変わるということはおそらく、前方や中央などのサービス料が高いことが予想されます。

多少の出費を覚悟すれば良い席が選べるということになるのです。

このシステムが一般化して、イープラス以外のチケット購入サイトも同様のサービスを行えば、筆者が今まで感じていたような「座席位置での不公平感」は軽減されるのではないでしょうか?

しかし、今のところ対応している公演は限られている。

いまのところ座席選択プラスに対応している公演は、ミュージカルなどの舞台、歌舞伎、クラシックコンサートに限られています。

残念です。一刻も早くライブやコンサートに対応して欲しいと思います。

そうすればチケットが届いてからでないと座席位置が分からないという、ギャンブルのような状態から解放されるのです。

まさケロンのひとこと

座席によって音はもちろん感じるものすべてがまるで違ってくるんだよね。こういうサービスはもっともっと広がってほしいね!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」