夢占い

夢占い – 「食事の夢」の意味。お金と愛情のメッセージ

食事の夢の中
Written by ポルカ

食事をすることは、体にエネルギーを蓄えることです。

夢の世界では、愛情を受け取るというメッセージ。

どんな料理を、どんな場所で、どんな人たちと食べたか。

とても重要な意味があるので、「食事する」という夢の世界を見てみましょう。



スポンサーリンク

夢の食事で心をいっぱいに

どこで、誰と、何を食べましたか?

食事は体のエネルギーです。

脳にも栄養を行き渡らせることから、意識にエネルギーを送ることの意味。

つまり、心に愛情を蓄えることを表わしています。

家で食事をする夢を見た、という場合、家族の誰かと一緒に食べていると思います。

これは、家族(一緒にいた父や母、兄弟、姉妹など)の誰かから愛情を受けているという意味。

例えば、父と2人でテーブルに座って食事をしている夢。

現実の世界で父親があなたに愛情をもって接している証拠です。

その時、会話があれば2人の関係はうまくいき、あなたも愛情を受け取っているということ。

でも、黙ったまま食事をしているという場合は、父の愛情を受け取らず、コミュニケーションがとれていないことの表れです。

父はあなたに対して、

「もっと親子として話をしたい!」

と強く願っています。

その思いを無意識が察知して、寝ている間に意識に訴えているのです。

同時に、父親は職場での上司や年上の男友達の象徴でもあります。

父親と食事をする夢を見たら、まわりの男性に気を配り、コミュニケーションをとって愛情を受け取りましょう。

仕事であれば、自分を成長させる良いチャンスをくれるかもしれません。

同じように、食事を共にする「誰か」とは、現実の世界で自分を成長させてくれる存在です。

良い関係を築くことで、人生を向上させることができます。

恋愛での食事の夢は?

好きな人と一緒に食事をする夢を見たときは、間違いなく吉夢。

相手が送っている愛情を受け取っているので、両想いの状態になっています。

第3者が同席していた場合は、両方からアプローチを受けている状態です。

どちらの思いに応えるかは見た人次第ですから、夢を見たときから駆け引きを始めて、自分が本当に好きな人を選ぶべきです。

また、食事は豪華で量が多いほど愛情が大きいということ。

同席している人がどんな料理を出してもてなしてくれたかも大切なポイントになります。

では、片思い中の人が、1人で食事している夢はどんな意味があるでしょう?

これは、恋愛感情がどんどん高くなってきて、心が恋で飽和状態になっているということです。

思い切って好きな相手に思いを告げることで、今度は2人で食事をする夢へと変わっていきます。

現実の行動はすぐに夢に反映されますから、夢のメッセージをもとに、一歩ずつ前進していきましょう。

食卓に並んでいるのはお金

食事の夢は、すべてが生きることに必要なもの

食事することは、愛情であるのと同時に、お金という意味にもなります。

エネルギーは自分が生きることに必要なものですから、「生きる」ことに直結した「お金」の存在を示しているのです。

豪華な食事、たくさんの食事は、お金の量を表わしています。

  • 普段の生活で、突然、豪華なレストランで食事をする夢を見た
  • 周りの人たちと楽しく会話して盛り上がってた

という場合。

たくさんの収入を表わし、関係している人とその喜びを分かち合っているという意味になります。

今まで頑張ってきた仕事や、努力してきたことが報われ、お金になって自分にかえってくる証。

最高の吉夢なので、現実に起きることを楽しみにしましょう。

食事は愛情やお金、ずっと欲しかった物など、色々な形で夢に出てきます。

夢の世界で豪華な食事を楽しみ、現実のお腹と心を満たしましょう。

まさケロンのひとこと

食事の夢は、自分に足りないものを教えてくれるんだね~。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ポルカ

「夢を見る」は「夢を診る」こと。
夢を理解することは、自分に対する医業なのです!
たくさんの夢から未来へのメッセージを受け取り、より良い運命を切り開きましょう。