夢占い

夢占い – 「目覚める直前の夢」は小さな予知夢?

窓と洗面所
Written by ポルカ

寝ているときは人の意識は休んでいますが、無意識はずっと起きて活動を続けています。

寝ても覚めても、意識が気付かない世界を見ているのが無意識。

それは、ベッドで横になっているとき、身の回りの現実を監視するもう1人の自分です。

現実の情報をとらえ、意識に関わることを教えてくれます。

目覚める直前の夢とは、半径10メートルにある、予知夢でもあるのです。



スポンサーリンク

半径10メートル、10分先に起こる出来事

目覚まし時計やトイレ、朝の日課の夢

起きる直前の夢は、誰でも1度は見たことがあると思います。

前の日に目覚まし時計をセットしておいて、ぐっすりと眠りにつく。

するとどういうわけか、朝、布団から起きて、目覚まし時計を止めるシーンが夢に出てくる。

あっと思い目を覚ますと、セットした時間の5分くらい前だったということがあります。

また、朝起きたらトイレに行ったり、すぐに顔を洗うなどの日課になっていること。

これらも、起きる直前に夢に出てくることがあります。

こういった夢はすべて、無意識が寝ている間も活動していて、意識が目覚める直前に、現実の世界を知らせているのです。

無意識は常に活動しているので、寝ていても、外の様子をうかがっています。

そこで、日課として意識に定着していることの未来を知らせているのです。

これは、小さな予知夢といえるかもしれません。

寝ている時、もう1人の自分が起きていて、まわりをぐるぐると見渡している。

時間になったら、頭の中に戻り、起きて!と知らせる。

そうイメージすると、不思議な感じがしてきますね。

現実と夢がつながる接点

強く意識したり、日常的に意識に定着していることは、夢に表れてきます。

では、思いが強ければ強いほど予知夢を見ることはできるのでしょうか?

これは、できることもあれば、できないこともある。

100%予知夢を見れる方法はわかっていません。

でも、強く念じることが予知と関連するなら、そのことを活かしてみることはできます。

自分がどうしてもやりたいこと、叶えたい願望、恋愛での願いなど、思いが強ければ夢がメッセージをくれるかもしれません。

「強い願い」は、現実と夢がつながる、大切な接点になります。

体の状態を表わす夢

トイレの夢は体のことを表わす夢

目覚める直前にトイレの夢を見るのは、体が

「トイレ行きたい!」

と感じているから。

体の状態が脳や意識に影響して、夢として表れているのです。

この夢からもわかるように、無意識は、「トイレ行きたい!」という脳の信号をキャッチして、意識に知らせます。

つまり、体からの強い訴えも、夢で予知することができるのです。

例えば、

大変な病気が体の中にあって、そのことに気付かないでいた。


普通は、痛みがあって初めて病院に行きます。

しかし、本当は、無意識が体の状態を察知しているはずなので、何かの夢で表わしているのです。

普段は夢を見ない人が、急に印象的な夢を見始めた、などの場合は、やはり何らかのメッセージがあるのでしょう。

体の異変は一例ですが、夢を意識することで、気付くことがたくさんあります。

夢は体や心の命を守ろうと訴えてくるので、良いことはそのまま受け止め、悪いことは、修正すべきととらえましょう。

さらに、人の意識は、脳だけではなく、四肢、体内の臓器にも宿っているといいます。

自分の体のさまざまな部分から脳へ信号が送られるので、体に関する夢は印象の強い映像で表れてくるといえます。

体の中は、自分に最も近いこと。

距離が近ければメッセ—ジも強く、鮮やかですから、夢に意識を向けて見てみましょう。

すべて、もう1人の自分からの未来へのメッセージなのです。

まさケロンのひとこと

まさケロンは目覚める直前に寝坊する夢なんかをよく見るな〜。これは焦らせて起こそうっていうもう1人の自分の作戦なのかも?

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ポルカ

「夢を見る」は「夢を診る」こと。
夢を理解することは、自分に対する医業なのです!
たくさんの夢から未来へのメッセージを受け取り、より良い運命を切り開きましょう。