夢占い

夢占い – 「月の夢」の意味。内面変化の兆し

月
Written by ポルカ

月の夢は、「表舞台に立つこと、スポットライトを浴びて活躍すること」を表しています。

今まで目立たない存在だった人が月の夢をきっかけに、注目されるかもしれません。

また、良きパートナーと出会うチャンスでもあります。

自分を引っ張ってくれる、影響力の強い人、カリスマ性のある人と出会う可能性があります。

他からの影響を受けて内面が変化する兆しなので、現実でのチャンスをつかみましょう。

これまでとは違う立ち位置で生活することになる暗示です。



スポンサーリンク

月は影響を受けて成長する自分

満月の夢

満月の夢は、

「何かのきっかけで注目を浴び、表舞台に出る」

というメッセージです。

仕事では、立場、役職が変わる兆しでもあります。

例えば、今まで地味な仕事を続けてきた人が、評価されるきっかけを得ること。

仕事の中で、力を入れていた部分、思い入れの強い箇所が表面化していきます。

誰も見ていない、気づいてくれない、と感じていた思いが解消されるかもしれません。

これだけの仕事をしていた、これだけの能力があった、と周囲に認知されるでしょう。

自分をPRできるチャンスが訪れます。

日の目を浴びることになるので、これを機に、抑えていた思いを表現しましょう。

また、満月の夢は他人の内面を変えることの暗示です。

感性に訴えたり、考え方を一新させたりなど、人の感情を揺さぶるというメッセージ。

説得力がある、言葉が巧みになる、などを表しています。

色のついた満月の夢

赤やオレンジ、青みがかった満月など、色のついた満月は、

「カリスマ性や影響力のある人との出会い」

を表しています。

恋愛なら、頼れるパートナーとの出会いがあるかもしれません。

その出会いをきっかけに、自分が成長していくというメッセージになります。

あくまで影響力を受ける立場にありますが、色がつく満月は、自分のカラーが出来ていくという暗示。

強い立場の人との出会いで、自分の内面が変わっていく様子を表しています。

化学反応を起こすように、それぞれの出会いで、違う自分が出来ていきます。

臨機応変に対応して、相手の良い部分を吸収しましょう。

月の影響を受けて失われる自分

漠然と月を眺める夢

月をぼ~っと眺めている夢を見たら、

「自分が失われてしまう暗示」

です。

周りからのプレッシャーや意見に左右されて、気持ちが薄らいでしまう状態を表しています。

自分のやりたいことは何だったのかを確認して、もう一度気持ちを固めましょう。

また、人に何かを言われた時にも、きちんと意見を返すことが必要です。

流されないように、自分の意思を相手に伝え、目標を明確にしましょう。

行動を変えることで、月を眺める夢は次第に変わっていきます。

輝く月を心地よく見る夢は、高い集中力を表すので、そうした状況へ現実が変化するでしょう。

月明かりを頼りに歩く夢

月明かりを頼りに歩く夢は、

「意識が薄らいでいること」

を表しています。

集中力に欠け、漫然と物事に取り組んでいる状態です。

すべてを強く意識することが大切。

対人的なスポーツなどをして体を動かし、心身を活性化させましょう。

相手へ攻める気持ちや体を動かすことの楽しさで、集中力が高まっていきます。

道筋をはっきりさせるために、意識を強くすれば、迷いを払拭することができます。

まとめ

バイタリティーを高めよう

月の夢は、注目を浴びたり、頼れる人と出会って、内面が変わっていくことの暗示です。

良い影響を受ければ、自分もどんどん成長していけるでしょう。

しかし、月はいずれも影響を受ける側での変化になります。

良くない影響を受けたり、周囲に流される原因にもなるので、自分の目的をはっきりさせておく必要があるでしょう。

あらゆる変化に対応していけば、マルチに活躍できる自分が出来ていきます。

周囲への対応力はバイタリティーの高さ。

月の夢でチャンスをつかみ、自分のカラーを確立しましょう。

まさケロンのひとこと

夢の中じゃよろしくないみたいだけど、たまには月をぼ~っと眺めてたいよね。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ポルカ

「夢を見る」は「夢を診る」こと。
夢を理解することは、自分に対する医業なのです!
たくさんの夢から未来へのメッセージを受け取り、より良い運命を切り開きましょう。