神秘・謎

誰でも予言者?「予知夢」を見られるようになる方法はないでしょうか?

これって予知夢

未来に起こることが夢に現れる

地震が予知できたなら

本日、日中に地震がありました。筆者はどちらかといえば地震に鈍いところがあって、周囲が「揺れてる」と騒ぎだして、やっと気がつくようなレベルです。

本日の地震は規模や大きさは大したことがなかったのですが、職場の中ではなんと一番最初に筆者が地震に気がつきました。

「地震だ。揺れてる」

という筆者の声に、

「うそお、揺れてないじゃん」

「ほんとだ、揺れてる」

「震度2か3ぐらいじゃない」

などと様々な反応が返ってくるのを眺めつつ、

「俺が最初に気がついたんだぜ」

という一種の優越感にひたることができました。

でも、

「なんで、この程度の揺れに気がついて、もっと大きな揺れには気がつかないんだ」

と言われてしまい、せっかくの上から目線も台無し、ちょっと不愉快でした。

まあ、冗談はさておいて、4年前の東日本大震災を経験してからは、やっぱり地震は怖いです。

真偽のほどは定かではありませんが、いつ同規模の地震が関東地方を襲ってもおかしくない状態だといわれていますよね。

時々、

「今、地震が起きたらいったいどうなってしまうのだろう」

と考えることがあって、そんな時は漠然とした不安が頭をもたげてきます。

さて、東日本大震災も含めて、大きな災害や事故、事件などを「予知」できる人が意外と多かったりします。

ネットを検索してみると様々な情報に触れることができるのです。

ネット上のものなので、明らかにうさんくさいものも多々あるのですが、とても興味深い事例も多いです。

「予知」の方法は様々です。

地震であれば観測データに裏打ちされた科学的な視点からの判断によるものもあるし、神から啓示を受けたとか、宇宙人から教えてもらったと言い切っている人までいて、そこがとても興味深かったりするのですが、筆者がもっとも関心を抱いたのは

「予知夢」を見た

という人たちの存在です。

なぜなら筆者も予知夢を見たことがあるからです。



スポンサーリンク

これって予知夢?

断っておきますが、筆者は「超常現象」は好きだけど、特別な能力なんて一切持ち合わせていない「普通の人間」です。もちろん霊感なんてありません。

そのくせテレビの心霊番組が大好き。怖がりなくせに、心霊写真とかを見て、夜中に思い出してしまい、トイレに行けなくなってしまうような人間だったりします。

筆者がよく見た「予知夢」は場所です。何度か

「あっ、この場所、夢の中に出てきた」

という場面に遭遇した経験があります。

でも筆者の場合、現実にその場所に行ってから、初めて以前夢のなかで同じ場所に行ったことを思い出すのです。

だから「予知夢」というよりも「デジャヴ」に近いと思います。そもそも筆者の場合は現実にその場所に行くという「事件」が起きてしまって、初めて「予知」していたことを思い出すのですから、何の役にも立ちません。

筆者のこの特技(?)は若いころは割と頻度が高かったです。ある場所では、その時に一緒にいたメンバーとどのような会話をしたのかも実は夢で見ていて、しかもかなり再現率が高いものでした。

夢で見たことと、現実で起きたことがほぼ同じということが多かったと記憶しています。

30代頃を境にして、そのような夢を見ることが少なくなっていき、最近はほとんど「予知夢」を見なくなりました。

訓練することで誰でも予知夢を見ることができるようになるのか?

インスピレーション(直観)が大事

地震をきっかけに自分が過去に体験した「なんちゃって予知夢」を思い出した筆者は考えました。

「適切な訓練を実施することで、誰でも「予知夢」を見ることができるようになるのではないか?」


なぜこのような発想を得たかといえば、高校生のころ読んだ本に

「危険予知という能力は誰でも持っている」

と書かれていたからです。

その本によれば、人間にはもともと、とても強力な直観力が備わっていたとのこと。これは人類がまだ文明を持たず、洞穴などで暮らしていた原始時代のはなしです。

その頃は人間もほかの動物と大きな違いはなく、生存本能というか野生の本能が身を守る手段として不可欠だったのです。人間が今でも闇を怖がるのはこのころの本能がまだ残っているからだともいいます。

人類が文明を築いて、地球の支配者になると、他の動物に襲われるという危険がほぼ無くなったため、次第に危険予知の本能が廃れていったと、その本は説明していました。

事実かどうかはともかくとして、一応筋はとおっている。この説を信じるとして、では人間の本能としての危険予知能力はどのようにしたら鍛えることができるのでしょうか。

具体的なトレーニング方法は…

ネットで調べてみましたが、なにも収穫はありませんでした。

「予知夢 トレーニング」

などといったキーワードで検索して出てくるのは、オカルトチックな情報がほとんどです。

なかには「潜在能力開発セミナー」などというものもあり、筆者個人としてはこのようなサイトには近づきたくありません。

少数ではありましたが「予知夢」とそれを見る方法について解説しているブログなどもあります。

でも「この方法なら確実です」というようなことではなく、やはり、結論としては、こういった特殊な能力は生まれつき備わっているもので「トレーニング」などで開花するものではないとのことでした。

ただ夢を意識するというのは「効果があるかもしれない」らしいです。見た夢を記録する、いわゆる「夢日記」をつけると、夢に込められたメッセージが次第に理解できるようになり、それを繰り返すことによって、もしかしたら…、ということはあり得るらしいですよ。

才能あるいは生まれつき

やっぱり「予知夢」というのは、才能というか生まれつき備わった人のみが扱えるものなのでしょうか?

「オレ、筋トレしたら、最近腹筋が割れてきてさあ」

ということはあっても、

「オレ、夢日記続けてたら、予知夢見られるようになってさあ」

という話は聞いたことがありませんよね。

さあて、そろそろ寝るとしますか、もしかしたら「予知夢」が見られたりして…。

えっ、いい加減にしろって? 確かに。失礼いたしました。

まさケロンのひとこと

いつだか夢日記をつけると精神がおかしくなるとかいう話をどっかで聞いたような・・・・。でもやってみないとわからないよね、もしかしたら予知夢見られるようになるかもしれないし。。

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」