スキンケア スポーツ・アウトドア

油断大敵、冬の紫外線に注意。ウインタースポーツでも日焼け対策は必須

冬の日輪

紫外線は夏だけのものじゃない

秋冬でも紫外線は降り注ぐ

筆者は紫外線って夏だけのものだと思っていました。夏にしっかりと紫外線対策を行えば、あとは大丈夫と認識していたのですが、実際はそうではないんですね。

実は一年を通じて紫外線は降り注いでいるのです。寒い冬でも太陽がある限り、紫外線による影響は避けられません。

気象庁も年間を通じて、紫外線情報を発信しています。


さすがに夏に比べると穏やかではあります。でも程度の問題であって、紫外線対策は一年を通じて必要だということがわかります。

逆に夏ほど紫外線を意識することがなくなる、秋、冬は対策が緩くなりがちですが、油断は禁物。この時期の紫外線対策やスキンケアは「肌の老化」防止には欠かせないものなんです。



スポンサーリンク

「メラニン」を追い出せ

なぜ、秋冬シーズンも紫外線対策は必要なのか?

ピークは過ぎたといっても、紫外線を浴びると、いうまでもなく肌に影響を与えます。具体的には

「メラニン」

が生成されるのです。メラニンは紫外線から肌を守るために生成されるものであり、基本的には一定の期間を経て、「垢」となってはがれ落ちてしまいます。夏にこんがりと日焼けしても、季節を過ぎると元の肌の色に戻るのは、この仕組みが機能しているからです。

ところが長時間もしくは強い紫外線を浴びてしまうと、メラニンが必要以上に生成され、はがれ落ちてしまう機能が追い付かなくなってしまいます。また、加齢などによる「新陳代謝」の低下によってもメラニンの停滞は進行してしまうのです。

停滞したメラニンは「シミ」の原因となります。夏の強い紫外線を浴びた肌にはメラニンが残っている可能性もあります。秋冬は夏に酷使した肌のメンテナンス時期としてとらえ、スキンケアを怠ってはいけないと提唱する専門家もいます。

スキンケアの具体的な方法

まず日焼け止めは欠かせません。真夏と同様の強力な日焼け止めは必要ありませんが、この季節に合った数値のものを使用しましょう。

SPFであれば20以上、PAは+以上が望ましいとされています。

また、日焼け止め対策だけでは不十分です。生成されたメラニンを「追い出す」ため、「新陳代謝」を促進させる必要があります。

具体的には「保湿」を意識しましょう。保湿クリームを用いた「乾燥対策」が効果的です。

ウインタースポーツは夏以上の日焼け対策を講じるべし

冬山は夏の海岸よりも紫外線が強い

これからの季節、スキーやスノーボードといったウインタースポーツを楽しむ人も多いことでしょう。実は冬の山は環境によっては夏の海岸よりも紫外線が強くなることをこ存知でしたか?

一般的には

高い場所のほうが紫外線が強くなる


といわれています。ウインタースポーツを楽しむような雪山は概して標高が高く、したがって紫外線も強くなるのです。

また、雪が紫外線を反射して、コンディションにもよりますが夏の海岸とは比べ物にならないぐらい強く反射する場合もあります。

このため、ゴーグルやマスクのみならず、真夏と同じぐらい数値が高い日焼け止めが必要なのです。

まさケロンのひとこと

まさケロン初めてスノーボードしに行ったとき、顔がぽろぽろのお化けみたいになったよ。。ウインタースポーツの日焼け対策は必須!

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」