鍋・すき焼き・しゃぶしゃぶ・おでん

冬の定番「おでん」は、最強のコミュニケーションツールかもしれない

屋台のあつあつおでん

嫌いない人はいない、みんなの人気者

おでんの思い出

「おでん」がおいしい季節になってきました。コンビニに行くと、店内におでんのだしの香りが広がっていることがあります。つい、買いたくなってしまいますよね。

おでんを漢字で書くと

「御田」

になります。その歴史をひもといてみると、四角に切った豆腐にくしをさして焼いた「田楽豆腐」がルーツと言われています。

現在のように「煮込む」スタイルになったのは江戸時代から。そしていまに至るまでに、様々な変化を経て、安価でありながら充分お腹を満たしてくれる「ファストフード」としての地位を確立した食文化です。

筆者は東京の下町で生まれ育ちました。公園で遊んでいると、定期的におでんの屋台が通りかかります。よく買って食べたものです。

筆者のお気に入りは「ちくわぶ」。味噌をつけてくれるように頼むと、刷毛で甘辛い味噌をたっぷりとつけてくれました。この味が忘れられなくて、家でおでんを作るということになると、母にねだって味噌を用意してもらうのですが、微妙に屋台の味と違うのです。

屋台のおでんは筆者にとってソウルフードでした。



スポンサーリンク

おでんが苦手な人はいないのではないか

考えてみると「おでんが苦手」という人はいないのではないでしょうか?

いまやおでんの具は多彩です。おでんならどんな具材でもOKという人は少数かもしれませんが、大根は嫌いだけれど、つみれは好きという人や、普段は苦手だけどおでんに入っている味が染みたはんぺんは食べられる、といったパターンは多いはず。

どんな具材であっても「おでんは絶対に無理」、という人は少なくとも筆者は今まで出会ったことがありません。

おでんコミュニケーションのススメ

おでんなら間違いない

社会人になると、食事会や、これからの季節では「鍋パーティー」を仕切らなければならないことが多々あります。店選びで悩まなければならないのが、参加者の好み。

こんな経験はありませんか?

「Aさんは大の肉好き。ということは「しゃぶしゃぶ」か? いや、Bさんはダイエット中だから肉はまずいな。でも参加者の7割が男だから、肉は避けて通れないかも。あいだをとって「カニ鍋」でいこうか、でも値が張るなあ。ここはヘルシーな「鶏鍋」が無難かな? そうだCさん、鶏ダメだったっけ…」


こんなときは「おでん」をチョイスすることをお勧めします。おでんであれば、参加者の好みの問題は解決します。繰り返しになりますが、「おでん完全NG」の人は(おそらく)いません。

おでんであれば、具材すべてが主役となりえます。たとえば「カニ鍋」のように、主役のカニの争奪戦が起きるようなことはないのです。みんなが平等に楽しむことができるのもおでんの魅力のひとつです。

おでんコミュニケーション

また、おでんには人を「話好き」にする効果があると、筆者は(勝手に)考えます。というのは

「人はかならず、おでんにまつわる思い出を持っている」


からです。

記事の最初に筆者の「屋台のおでんの味噌」の思い出を披露しましたが、おでんの鍋をみんなで囲むことにより、それぞれが「おでんエピソード」を思い出すわけです。そして、それを披露したくなる。

「おでんっていえばさー、うちのおでん、トマトが入ってたんだよね」

「ええっ、なにそれ」

「あ、うちもトマト入れてた」

「えっ、切って入れるの?」

「ちがう、丸のまま」

「美味しいの?」

「意外とね」

「トマトなんかまだマシだよ、うちなんかさあ…」

こんな調子で盛り上がること間違いなしです。「おでんコミュニケーション」ぜひ試してみてください。

まさケロンのひとこと

まさケロン家の大根がこれまたおいしくなくてね、、まさケロン大根は苦手なんだなーと思ってたんだけど、一度屋台の大根食べたらおいしくてそれからおでんの大根好きなんだよね~。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」