二日酔い

二日酔い対策/ウコンや味噌汁頼みの前に飲み方を変えよう!

酒にのまれた男
Written by すずき大和

冬から春にかけ、宴会の席に参加する義理ごとが増える季節です。

  • 若気の至りで、度を越えてしまった人
  • たまのことなんで、つい飲み過ぎてしまった人
  • 呑み慣れて酒量知ってたけど「ええい、どうにでもなれ~」と飲んじゃった人


翌朝のアレ、辛いですよねぇ・・・



スポンサーリンク

二日酔いのメカニズムはまだまだ未解明

「お酒が残る」とはどういう状態?

ついつい飲み過ぎてしまった翌日、後悔と共に襲ってくるアレといえば「二日酔い」です。

  • 頭痛
  • 吐き気や胃の鈍痛
  • 感覚の障害
  • 軽いうつ状態
  • 自律神経失調症状


など、人によって強さも違いますが、酔っていた時の気持ちよさが嘘のような辛さです。

「お酒が残る」といういい方をよく聞きます。体内に入ったアルコールは肝臓で分解され、最終的には無害な炭酸ガスと水に変わって排出されます。飲み過ぎるとその機能が追いつかず、“肝臓で分解しきれなかった”分が血液に戻ってがらだの中を回り、悪さをしている、と、昔はよく説明されていました。

分解途中の段階の物質「アセトアルデヒド」が頭痛や吐き気の原因、


と書かれたweb記事もよく目にします。

が、実際は二日酔いの人の血液中のアセトアルデヒドは必ずしも高くなく、今ではそれだけが原因ではないと考えられています。

二日酔いの原因はさまざまな問題の複合作用

二日酔いのメカニズムは、実はまだ完全には解明されていません。いろいろな原因が考えられますが、どれもそれだけで説明しきれるだけの論拠はなく、実際は複数のことが複合的に働いて、不快な症状を作っていると解釈されています。

アセトアルデヒド以外には、以下のような原因が考えられています。

1,ホルモン分泌異常の影響

アルコールは抗利尿ホルモンの分泌を抑えるため、飲むとおしっこが近くなる人がいます。それにより、脱水症状になることが体調不良の誘因、という説もあります。他にもインスリン分泌が不調になり、低血糖状態を起こすことも指摘されています。

2,炎症反応の亢進

アルコールは炎症を悪化させる働きがあるので、体内にもともと悪い所があると、飲酒によってそれを大きくしてしまう効果があります。

3,胃腸障害

胃は、もともと弱っていなくてもアルコールの刺激を受けやすく、胃酸過多が起きて胃炎を起こす場合があり、それが吐き気や胃痛にも繋がります。

4,不純物やメタノールの影響

お酒の中に混ざっているこれらのものも、胃腸の刺激を高めるなどの働きをすることがあります。

二日酔いを防ぐ飲み方とは

ウコンは気休めなのか?

ウコンは、アセトアルデヒドの体外への排出を促進する働きがあるため、二日酔い予防に効果的と広くいわれてきました。

ではアセトアルデヒドが二日酔いの主犯でなければ、ウコンはたいして効果がないのか?


というと、そうとも限らず、肝臓の働きを促進する効果があるものは、よい影響には違いありません。

ただし、ウコンの有効成分が体内に吸収され、肝臓を助けるようになるまでには時間がかかります。飲み過ぎてしまった直後に飲んでも、時すでに遅いかもしれません。

できれば、お酒を飲む1時間前くらいに飲んでおくと効果的です。

いろいろ食べながら飲んだ方がいいのか?

アルコールが胃を刺激することから、空よりほかの食べ物がたくさんある方が胃酸から胃を守りやすい、という面はあるでしょう。

が、食べ物の栄養を分解するのもアルコールを無害化するのも同じ肝臓です。たくさん食べれば、それだけ

肝臓の仕事が増える=肝臓に負担をかける

ことになります。

悪い酔い方をしないためには、肝臓の働きがより良くなるように環境を整えてあげることが何より大切です。

飲む時は、食事は軽めにするようにしましょう。飲んだ後のラーメンも、だんだん内臓が弱まってくる中高年になったら控えた方がいいでしょう。

日本酒やビールより、焼酎やウイスキーのほうがいいのか?

日本酒やビールやワインは、醸造酒です。焼酎やウイスキー、ブランデーは蒸留酒です。簡単な違いをいえば、醸造酒は糖質が含まれますが、蒸留酒には含まれません。

糖は肝臓でグリコーゲンに作り替えられ、それが人間のエネルギーのもとになっています。糖の代謝は肝臓の主要優先作業のひとつですから、糖が増えれば肝臓の負担も増えます。

蒸留酒は全体的に醸造酒よりも風味を構成する複雑な成分が少ないので、“肝臓の作業項目が少なくて済む”のです。日本酒より焼酎のほうが翌日ラクに感じるのはそのためです。

ただし、蒸留酒の方がアルコール度数は高くなりますから、ロックより水やお湯で割るなどして、たくさん摂取しすぎないようにしましょう。作業項目が少なくても、アルコール分解の作業量が莫大になってしまっては負担に変わりがなくなります。

それでも二日酔いになってしまった時は

二日酔いになった朝は、

  • 味噌汁やフルーツがいい
  • 二日酔い用ドリンクが効く


などといわれます。みな肝臓の働きを促進するものです。

が、それよりもまず医者の進めの一番は“十分な水分補給”です。悪いものの排泄を促進するためにも、脱水症状回復のためにも、とにかく水分をたくさん摂りましょう。

春先まで、飲みづきあいシーズン続きますが、肝臓いたわりながら乗り切ってください。

まさケロンのひとこと

ウコンの力を借りるときは飲む1時間前!二日酔いになっちゃったらとにかく水は飲もう!でも一気にがぶがぶ飲むと消化不良の原因にもなるからちょっとずつ飲み続けるのがいいよ~。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。