節約術・お金を増やす

貯金箱をいっぱいにするコツは?貯まると病みつき小銭貯金!

小銭貯金
Written by 畑中ことり

筆者は小学生のころ、貯金箱をいっぱいにしたことがあります。それを開けて、小銭を数えた頃のわくわく感は忘れることはできません。小学生にしては大きな金額を手に入れることができ、オトク感がとてもありました。



スポンサーリンク

貯金箱でお金を貯める魅力は

  • 簡単に始められる。
  • いつの間にかお金が貯まっている
  • しかも、労働などなんの対価も払わずに!

に、尽きると思います。

ご紹介します、貯金箱をいっぱいにするコツ!

大まかにまとめると、

  1. 小さい貯金箱を買う。
  2. 貯金箱に入れる小銭を限定しない。
  3. 貯まったら貯金箱を開けていくら貯まったか数える。
  4. 3の小銭を使っていない口座に入れる。


これは、小学生以来、貯金箱をいっぱいにしようとして何度も挫折してしまった私がネットで探したコツを自分なりにアレンジした方法です。結果、3万円貯めることができました。小さな成功で脳に喜びと楽しさを覚えさせ、金額をランクアップさせていきました。

では、順を追って解説していきますね。

1. 小さい貯金箱を買う。

すぐにいっぱいになる小さい貯金箱はので、いっぱいになった!という満足感を味わうことができます。最初の第一歩なので、敢えて貯金箱を買わず、使っていない小さめのグラスなどでも構いません。私は部屋に置いてカワイイ貯金箱なら続くかな、と小さいブタの貯金箱を購入しました。

貯金箱はフタが開けられるものでも、開けられないものでもどちらでも構いません。繰り返し使いたいデザインなら、フタが開くものがいいですね。

2. 貯金箱に入れる小銭を限定しない。

2-1 そのルール、無理していませんか?

毎日いくら入れる、とか、100円玉か500円玉だけ、など、自分でルールを決めて入れるのは全く問題ありません。しかし、実際に1日が終わって財布を見ると、500円玉しか入れないことに決めたのに、財布の中に500円玉がないこともあります。また、お給料日前で明日のランチ代もないのに、貯金箱に500円を入れるのはキツイなあ…という時も。

2-2 まずは「小銭を貯金箱に入れる」という習慣を作る

もちろん、1円5円の小額貨幣でも構いませんが、貯金箱を開けた時がちょっと悲しい結果になるので、大きめの金額があるときや、給料日の直後などは大きめの金額を入れるようにしましょう。

3. 貯まったら貯金箱を開けていくら貯まったか数える。

3-1 想像していたよりも金額が少ないかも。

もう小銭が入らない!というところまでパンパンになったら、早速中身を取り出して、小銭を数えてみましょう!小さな貯金箱だと、これっぽちかぁ…とがっかりするかもしれません。私も実際に数えてみたら、3千円ほどしかなくて、苦笑いでした。

3-2 ここで止める?続ける?運命の分かれ道!

ここで小銭貯金をいったん止めても構いません。貯まったお金で、男性ならMP3プレイヤーなど、手頃なガジェットや、女性ならブランドコスメが買えるかもしれません。それが楽しめたら、十分小銭貯金の価値はあります。でも、もう少し頑張ってみよう!と思われた方は4のステップに進んでください。

4. 「3.」の小銭を使っていない口座に入れる。

使っていない預金口座はありませんか?そこに貯めた小銭を預けましょう。現金自動預払機(ATM)でしたら100枚まで小銭が入り、営業時間内でしたら手数料は無料です。その時、できれば通帳記入もしてください。印刷された金額を見ると、意外とうれしさがこみ上げてきて、楽しくなってきますよ。

筆者はこれを10回繰り返して3万円貯めました。貯めたお金は新しいノート型パソコンを買ったとき、メモリの増設に使いました。苦労せず楽しみながら貯めたお金なので、気軽にポンと出し、マシンをグレードアップできて、とても得をした気持ちになれました。

もっとお金を貯めたい!そんな人におすすめなのは…

「3.」のあとの、小さな貯金箱がいっぱいになったら、小額貨幣はある程度大きな金額に両替をし、そのままもう少し大きめの貯金箱に移し替えましょう。そうやって、徐々に貯金箱をグレードアップさせると、最終的には、あの100万円貯まる貯金箱をいっぱいにできる日が来るかもしれません。

まさケロンのひとこと

大事なのは「貯金を楽しむ」ってことなのかもしれないね~。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。