芸術・アート

空中盆栽/何これ?リアルラピュタ?浮遊アートAir Bonsai

盆栽
Written by すずき大和

土の塊からおもむろに手を広げていくように伸びる趣のある小さな木。

苔や石などで覆われたその土の塊は、魔法がかけられたように、ぽっかりと空中に浮いています。伊万里焼の鉢の上で、ゆっくりと回転する様は、まるでスタジオジブリのアニメに出て来る天空を浮遊する島「ラピュタ」のようです。

「これ、CG映像でしょ」

といいたくなる、摩訶不思議な光景です。

でもこれ、ホンモノです。

高さ数十cmの小さな盆栽が、土ごと盆の上2cmのところに浮かんで、バランスを取りながら回転しています。

神秘的な癒し空間を作るアート作品「空中盆栽」

不思議だけれど、癒される、安らぎのアート

まずは、そのホンモノの映像をゆっくりとご覧ください。

Floating bonsai tree are now a reality


伊万里焼と盆栽という日本の誇る洗練されたアート作品の組み合わせが醸し出す“和”の情感もさることながら、その不可思議な光景が放つ得もいわれぬ神秘的な魅力に、思わず目が釘付けになっていきます。

虫の声のBGM効果も絶妙で、じっと見入るうち、なぜだか静かな癒しが胸の内に広がってくような感慨すら覚えます。

ちなみに、「バルス!」って叫んでも崩れませんよ、一応(笑)。

日本のアーティストが世界に資金支援を募るプロジェクト

このアートを作成したのは、日本の芸術家チームです。九州のアトリエを拠点に活動するアーティスト集団「Hoshinchu」によって作られた、この不思議なモノは、

「空中盆栽 ~Air Bonsai~」

の名称で、アメリカの民間企業が運営するクラウドファンディングサイト「キックスターター(Kickstarter)」に発表されたアートプロジェクトなのです。

「クラウドファンディング」とは、資金はないけれど、アイデアとスキルとモチベーションに溢れた人たちが、自分たちのプロジェクトを実現するために、主にネット経由で不特定多数の人から資金を募るシステムです。

8万ドルの資金支援を求めて発表されたプロジェクトは、海外を中心に瞬く間に評判となり、約1ヶ月の間に既に世界中から40万ドル弱の支援を集めています。

サイトを通して支援を表明すると、その金額に応じて、実際に空中盆栽を作成するためのキットが送られてくるそうです。鉢と盆栽は自分好みにカスタマイズもできるようになっています。


科学と伝統の融合が産んだ、新時代のアート

磁力浮上の仕組みを利用

不可思議な浮遊現象を可能にしている仕組みは、磁石の反発する力を利用しています。難しくいうと「磁力浮上の原理」の応用だそうで、うんとシンプルなリニアモーターカーみたいなものですね。

鉢の中に磁石が入った「エナジーベース」という土台を仕込み、「リトルスター」と呼ぶ盆栽部分にもマグネットが仕込まれています。両者の磁力の反発力が盆栽を浮かせますが、うまくバランスをとって位置を固定し、回転させるには、ちょっとコツがいるようです。

リトルスターの土の塊は、水分を含むスポンジのような素材になっており、自分の好みの植物を植えてオリジナル盆栽を作ることもできるようになっています。

本格的な一流技術が盛り込まれている点がポイント

仕組みを聞くと、簡単なものではありますが、ただ磁石を仕込んだ鉢植えの花を浮かせる、というアイデアだけでは、ここまで人々の心をとらえるアートにはならなかったでしょう。

伊万里焼と盆栽という、ハイクオリティの伝統アートを持ってきたところが、ホンモノ志向の人たちを唸らせる高い芸術性を生んだといえます。

日本人のアートセンスとプレゼンテーション力、侮りがたし!ということを海外に発信したプロジェクトとなりました。

資金援助が大きくなれば、商品展開もあるかも?

キックスターターでの支援募集は3月1日まで行われています。この勢いで評判が広まっていけば、資金収集の総額はどんどん大きくなっていくことは間違いないでしょう。スポンサーの申し出や商品化のオファーも来るかもしれません。

もしかしたら、商品化され、世界中で手軽に購入できるようになるかもしれないし、仕組みの特許を買って新製品開発をする企業がでてくれば、浮遊オブジェブームがくるかもしれません。

まあ、あくまで部外者の皮算用ですが、このアーティストチームのクリエイティブ活動を今後も応援したい人は、ぜひプロジェクトに資金支援してあげてください。


まさケロンのひとこと

この感じで島ひとつ浮かせてみたいよね。バルスで崩れないやつ。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。