バレンタイン

バレンタインメッセージの例文と書き方!自分の言葉で気持ちを伝えるカード

バレンタインメッセージ
Written by 畑中ことり

好きな気持ちを自分の言葉で伝えたい!そんな風に考えている方に、自分の言葉で書くメッセージカードの書き方やアイデアなどをご紹介します。

以下の流れで書いていきます。

  1. 書く時間を作る。
  2. 伝えたいことを書き出す
  3. 伝えたいことを整理する
  4. 絞り込んだアイデアを具体的にする
  5. テンプレートに流し込む
  6. 手書きで清書
  7. デコレーションにひと工夫



スポンサーリンク

1. 書く時間を作る

この記事の一番の要(かなめ)です。バレンタイン前日に、ネットで調べた例文をそのまま写しても問題ありません。が、心をこめたカードを書きたい、と思われるなら1時間で良いのでカードを書く時間を作りましょう。自分の部屋でも、カフェでも落ち着くところならどこでもO.Kです。

とある有名な起業家は、ビジネスを始める前に自分がもっとも感謝する人に手紙を書くようにしているそうです。実際にその手紙を相手には出しませんが、感謝の気持ちを伝える手紙を書いていくと、最後には号泣していることが多いそうです。

いつも世話になっていることや申し訳なく思っている気持ちを改めて感じることができて、心が洗われたような新鮮な気持ちをもってビジネスを始められる、とのことです。

ビジネスも、恋愛関係も相手ありきです。バレンタインを楽しむのもよいですが、その前に彼氏への気持ちを見つめなおす時間を持つことで、2人の関係に良い影響を与えてくれるでしょう。

2. 伝えたいことを書き出す

ブレインストーミング方式で書きたいことを紙に書き出します。ここでは質より量で、たくさんのアイデアを出すことが目的です。どんなたわいないことでも構いません。

  • 「優しい」とか
  • 「努力家」とか
  • 「かっこいい」とか


ありきたりで良いのでどんどん書いていきましょう。

3. 伝えたいことを絞り込む

アイデアを書いたら、整理していきましょう。箇条書きした感謝したいことや、彼氏の好きなところの中で、あなたがもっとも伝えたいことはなんでしょう?

メッセージカードは長い文章を書く必要がありません。選ぶ項目はひとつで十分です。どうしても2つ以上伝えたいなら、それでも構いませんが、その分、文章が長くなると思ってください。

4. 絞り込んだアイデアを具体的にする

「3. 伝えたいことを絞り込む」に肉付けをしていきます。

[例]

優しい→いつも自分を優先して考えてくれる、電車でお年寄りに席を譲った、など

  • いつも私のことを一番に考えてくれる◯◯が大好きです。
  • 電車でお年寄りに席を譲る◯◯の優しいところが大好きです。


努力家→趣味のスポーツに打ち込んでいる、資格試験の勉強など

  • 大好きなサッカーを続けるために毎朝ジョギングを欠かさない◯◯がすごいなあと思います。
  • 夜遅くまで資格試験の勉強をがんばっている○○を尊敬しています。


かっこいい→きりっとした目、服装へのこだわり、など

  • ◯◯のきりっとした目が好きです。つきあって◯年になるけど、いまだにドキドキします。
  • ◯◯のおしゃれなところが好きです。(ブランド名やデザインなど)のジャケットとシャツのコーディネートは◯◯らしくて好きです。


具体例を盛り込むと、例文の丸写しではない、あなただけのオリジナルになりますね。

5. テンプレートに流し込む

年賀状などと同じです。

  1. 行事をお祝いする言葉
  2. 相手の名前
  3. 感謝していること
  4. 今後の展望、いたわりの言葉
  5. 結びの言葉
  6. 自分の名前


いきなりカードに書いても良いのですが、下書きをした方がバランスよくきれいに仕上がるし、なによりも失敗しません。面倒ならパソコンやスマホに書いても構いません。

[テンプレート例]

Happy Valentine’s day!
○○へ
伝えたいこと
→「3.伝えたいことを整理する」で書いた内容です。
今後の展望
→これからも仲良くしようね、約束した○○に行くのを楽しみにしているよ、など。
いたわりの言葉
→あまり無理しないでね、風邪を早く治してね、など。
結びの言葉
→これかもよろしくね、ずっと一緒にいようね、大好きです、など。
自分の名前

6. 手書きで清書

印刷したものよりも、手書きの方が気持ちが伝わりますよね。下書きした物があるならそれを見て書きましょう。字がきれいじゃないからと自信がない人でも、ゆっくり丁寧に書くと、読みやすい、気持ちがこもったカードになりますよ。

7. デコレーションにひと工夫

カードの仕上がりに満足しているなら、必要ありません。また、カードのデザインがとても凝ったものでしたら、その場合も必要ありません。ですが、もし、ご自分の書いた文字が読みにくいのではないか、余白がたっぷり余ってしまった、と思われたら罫線やシールでデコレーションしてみましょう。

罫線

細めのカラーペン、色鉛筆、蛍光ペンなどで書いた文字の下に罫線をひくと、行が少しゆがんでいても目立たないし、読みやすくなります。太い線、濃い線にするとうるさくなるので、細めの薄い色で。線は線引きを使って真っすぐな線だときれいですし、波線にしてもかわいいですね。

シール

こちらもシンプルなハート型や星形などの方が使いやすいです。凝ったデザインのものは配置に困りやすいです。100均でも十分かわいいのが売られています。余白部分にランダムに貼っていくとかわいいです。

これで完成です!お疲れ様でした!あとは封筒に入れて、封をして、プレゼントに添えるだけです。

まさケロンのひとこと

メッセージがあると嬉しさ倍増だよね。チョコレートよりもこっちのほうが嬉しいかも。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。