住まい・暮らし

今すぐ片付けたくなる!部屋を片付けられない人に捧げる4つの質問

片付けようぜ
Written by Gao

部屋を片付けられないなんて言っている場合じゃない

「部屋が散らかっていることはわかっているけど、時間がなくて片づけられない」


と言い訳していませんか?それは大きな間違いです。片づけないから時間がなくなっていくというのが、恐ろしい真実なのです。

「時間がなくて」

というよりも

「やる気がおきなくて」

というのが本当の理由なのではないでしょうか。そんな人はまず、部屋を片付けないことで、自分がどれだけ時間を浪費したのか自覚することから始めましょう。



スポンサーリンク

片づけられない部屋を今すぐなんとかしたくなる質問

「●●はどこに置いたっけ」と探すことが何回ありましたか?

シンプルに考えるために、あえて時間は無視して考えましょう。

カウントし終わりましたか?大体探し物にかかる時間を、少なく見積もって1回5分だと見た場合でも、1日に1回あれば365日で、30時間の消費になります。

実際は20分や1時間を探すこともあるはずです。そのため、探し物をするために年間100時間ほどは費やしいていると考えたほうがいいでしょう。きちんと片付いている部屋の場合、たまにならあっても、部屋で探し物をすることはないはずです。

「あ、忘れ物!」と取りに戻った経験がこの1週間に何回ありましたか?

何かを忘れた状態で外出しかけた状態をカウントするための質問です。今回もシンプルに考えるために、時間は無視してカウント考えてください。便宜上、靴を履いた状態からをカウント対象とします。

カウントし終わりましたか?とりに戻って帰るのだけでも3分はかかります。1週間に3回あるとすれば、およそ8時間。つまり1日の3分の1を年間で浪費していることになります。

きちんと片づけられた部屋ならば、外出に必要なものはいつもの場所に置かれているはずなので、忘れ物をすることは月に数度程度のはずです。

余裕をもって外出する場合、準備に何分かかりますか?

これは忘れ物についての質問に関連した質問です。余裕をもってというのは、万全の状態で、つまり忘れ物をしないで外出できる状態をつくれるまでに何分かかるかを考えてください。

イメージできましたか。忘れ物をしがちな人というのは、日頃の経験から忘れ物を取りに帰る時間まで見積もりに入れて、外出までにかかる時間を1割ほど多めに考えてしまいがちです。つまり外出までに30分と考えた場合、実際は20分で出られると考えたほうが良いのです。

1日に200日外出するとして、1回10分無駄にしているとすれば、年間で33時間無駄な余裕をつくっていることになります。きちんと部屋が片付いていれば、忘れ物をする回数が、グーンと減り、結果として外出の準備に見積もる時間が減るので、スケジュールに余裕が生まれてくるはずです。

10分もあれば、外出前にちょっと心を落ち着ける時間ができますよ。心の余裕はプライスレスです。

散らかった部屋で心を落ち着けてみてください。何分かかりましたか?

座って目を開けたまま心を落ち着けてみてください。心が落ち着いたというのは感覚的なもので大丈夫ですが、いやな考えや余計な考えが浮かんでくるペースが遅くなったら、心が落ち着いたとみてよいでしょう。また、脈拍を目安にしてみてもかまいません。

心を落ち着けることができましたか?今回は

「目を開けたまま心を落ち着けて」

と言ったのがポイントです。普段、部屋にいるときは、目を開けていますよね。つまり、部屋で何かをしているときは、目に入る部屋の様子に影響を受けているのです。

今回、心を落ち着けるためにかかった時間は、物事に集中するために必要な時間をさします。片づけていない部屋のなかだと、心を落ちつけるのに時間がかかった人が多いのではないでしょうか。

むしろ、心を落ち着けることができなかった人のほうが多いかもしれません。ということは、あなたの部屋は集中して物事に取り組むことができる部屋ではないのです。思い出してみてください。何かに集中しなくては、という時は、カフェなんかに出かけていませんか。これは言うまでもなく、時間とお金の浪費です。

部屋を片付けて自分のやりたいことに時間を使おう

4つの質問はいかがだったでしょうか。部屋を片付けていないことで、自分がどれだけ時間を浪費しているのか自覚してもらえたのではないでしょうか。探し物や忘れ物といった余計な時間で人生を浪費せず、もっと自分のやりたいことに時間を使って生きましょうよ。

まさケロンのひとこと

思い切って「物を捨てる日」ってのを月1くらいで作ったらちょっとは片付けやすくなるかも。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

Gao

三十路を前にしてフリーライターとして独立。収入は少ないながらも、やりがいのある仕事に囲まれて充実感のある日々を送っています。趣味は読書とランニングすること。