未来創造

もうボンベ不要!口にくわえて水中で呼吸できる人工エラ開発!

海中
Written by すずき大和

人間はいわずと知れた、陸生動物です。が、大昔から、多くの人が

「大空を鳥のように、自分の力で自由に飛んでみたい」

「海の中で何も付けずに、魚のように泳ぎまわりたい」

そんな夢のようなことに憧れていました。

近未来SFやファンタジーの世界では、時に科学の力で、時に魔法の力で、それが可能になっているお話がたくさん作られています。

鳥人間になれる“妖精の粉”は未だかつて発明されていませんが、なんと、21世紀初めの2016年、魚人間になれる「人口エラ」が、ついに現実のものとなりそうです。



スポンサーリンク

クラウドファンディングサイトで爆発的支持!

不特定多数の人たちが、支え合って大きな夢を実現する

「クラウドファンディング(Crowdfunding)」ってご存知でしょうか?

最近、ネットで見かけることが多い言葉ですが、

“群衆(crowd)”“資金調達(funding)”

を合わせた造語です。

不特定多数の人が、主にインターネット経由で特定の人や組織に資金協力することで、何かのプロジェクトを実現しよう!というシステムです。

最近は専用フォーマットを整えたwebサイトも複数運営されています。

  • お金もコネもないけどアイデアとやる気は溢れている人が、
  • 夢のプロジェクトを広く社会に発表して、資金を募り、
  • それを見て賛同した人たちが、少しずつの支援を行う


その結果、多くの斬新な発明もたくさん実現されています。まさに、

“みんなで作る「イノベーション」”

の発信どころとなっています。

水中呼吸システムの未来へようこそ

海外で人気のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、口にくわえる形式の「人工エラ」の開発資金5万ドル(約560万円)の出資を募ったところ、締め切り前に既に85万ドル以上集まってしまった!という驚きの事態が発生しています。


製品化される人工エラは、『トリトン(Triton)』と名付けられています。ギリシャ神話の海の神様の名前です。プレゼンテーションの冒頭には、

「Welcome to the future of underwater breathing system」

直訳すると、「水中呼吸システムの未来へようこそ」

と、書かれています。

そう、これはまさに“未来のテクノロジー”として、これまで多くの人が想像してきた道具でした。

  • 日本の人たちは、ドラえもんの「エラ・チューブ」を思い浮かべるでしょうか。
  • ハリー・ポッターの世界では「えら昆布」という魔法素材が使われていました。
  • スター・ウォーズの中でも似たようなデバイスが出てきました。
  • プロジェクトチームが作ったPVの中では、1965年の007映画に出てきたシーンが挿入されています。(これが今回の発明品にそっくり!!です)


『トリトン』世界初の人工エラ付き呼吸装置PV


人工エラタイプ呼吸装置『トリトン』とは

特殊繊維がエラの役割を果たす

トリトンは、9×12cmの小型の装置と説明されています(写真を見るともう少し大きく見えますが)。デバイスを口にくわえて呼吸をするだけ、というお手軽な使用方法で、水深5フィート(約4.6m)まで、最長45分間(バッテリー駆動限界)潜っていられる設計となっています。

トリトン内部には、

「マイクロプラス・ホローファイバー(Microporous Hollow Fiber):MPHF」

という特殊な繊維が入っています。

人工肺にも使われるこの繊維は、水分子より小さな穴が開いており、これで水から溶存酸素をこし取るようになっています。取り出された酸素は、コンプレッサーで一度圧縮してトリトンに内蔵されているタンクに貯められます。くわえた口から息を吸い込むと、このタンクの酸素が吸引されるしくみです。


一部の専門家からはダメだしも!?

資金ができたので、これから商品化にむけての開発が更に進んでいくと思われます。既に商品化した場合の値段設定(399ドル)までされているので、実現の可能性は極めて高いと、開発者は見込んでいると思われます。

が、一方で、2年程前に一部の専門家からは、物理学的に「このサイズの装置では十分な酸素を取り出すことは不可能」などの意見も出されており、今後の展開が注目されます。


もし実現できなかった場合、85万ドルの資金は返却されるのか?など、細かいところをいうと、いろいろ“冒険”要素が多い開発かもしれません。が、夢にかけてみたい人は、出資してみるのもロマンがありますね。

成功すれば、多くの企業が製品化の権利を奪い合う事態になるでしょう。日本での発売もおそらく確実と思われます。

399ドル(約45,000円)くらいなら、庶民にも買えそうです。できれば、円高ドル安が進んでいるうちに発売されるといいな・・・(笑)

とにかく、今はひたすら実現を祈りましょう。

成功の暁には、さあ、みんなで魚人間になるぞーっ!!

まさケロンのひとこと

そのうち人間も海の中で生活できるようになったりするのかな〜。

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。