虫・昆虫

ジカ熱怖い!蚊なんか撲滅しちゃえば・・・え、ダメなの?

蚊取り線香
Written by すずき大和

新緑の候、夏の到来間近な爽やかでまぶしい季節ですが、そろそろ屋外に出るときには「紫外線」「虫よけ」対策が欠かせなくなってくる頃です。

女性のお肌の大敵紫外線よけが大切なのは言うに及びませんが、ここ数年、日本でも「蚊」を媒体とした伝染病が話題となっています。テング熱騒ぎが落ち着いたと思ったら、リオ五輪を経て「ジカ熱」が流行らないか、とっても心配している人もいるでしょう。

ただでさえ少子化が深刻なのに、妊婦さんが感染すると胎児に影響してしまう「ジカ熱」の流行なんか、なんとしても阻止しないと!ですよね。

たかが虫さされ、たかが蚊、と、馬鹿にできないこの頃です。



スポンサーリンク

蚊なんて百害あって一利なし!じゃないの?

蚊なんか地上からいなくなっちゃえ!

蚊が地球上に出現したのは1億年以上も前であり、現在は約3500種が世界中のほぼすべての大陸で生息しています。人間の体を刺す習性を持つものはこのうちの数百種類といわれています。

全世界で毎年5億人以上が蚊を媒介してマラリアに感染し、100万人以上が命を落としています。その他、「テング熱」「ジカ熱」を始め「日本脳炎」「黄熱病」など、蚊によって感染する病気は、まだまだ人類に脅威を与えています。

「これだけが科学が発展している現代、なんとかして蚊を地上から撲滅できないのか!」

と考えている研究者は決して少なくはありません。

蚊が担っている生態系の中の役割

が、しかし、これだけ長期間かけ、広範囲にわたり繁栄してきた種であるということは、生態系の中でも大きな位置を占めている生物なわけです。彼らを一掃してしまうことで、地球環境や人間の生活にどんな影響が出て来るのか、十分に考慮した上で撲滅しないと、取り返しのつかない地球破壊につながってしまうかもしれません。

現在、様々な方面の専門家や組織が、「もし地球上から蚊がいなくなったらどうなるか」について研究しています。

蚊は多くの生物の餌となっています。もしいなくなれば、蚊を食べていた虫や鳥や小動物、それを食べていたもっと大きな動物たちの生存を危うくしてしまう危険性が高い!と分析する学者がいます。また、蚊が受粉に貢献していた植物が絶滅してしまう可能性も指摘されています。

一方で、蚊がいなくなった部分は一時的には影響が出るが、すぐに他の生物によって埋められ、大きく地球環境が狂うことはない、と見る専門家もいます。

“「蚊がいなくなることで起きる、生態系の一時的、もしくは一部の変化による影響」

より、

「蚊によって引き起こされる病気を撲滅することで受ける恩恵」の方がはるかに大きい”

と、考える科学者のほうが、どちらかというと主流のようです。

が、それが正しいかどうか、検証はそう簡単にできることではなさそうです。それゆえ、例え技術的に可能になっても、なかなか蚊の撲滅作戦に踏み切れないのが現状です。

蚊がいなくなることで無くなるもの

無くなって嬉しいこと

何より、病原菌を媒介する蚊がいなくなることで撲滅される病気はたくさんあるでしょう。

  • マラリアなどの疾病で失われていた命が失われなくなる
  • 疾病対策に使われていた予算を他の施策にまわして、国の発展につながる


など、特に蚊が媒介する病気の患者数の多い発展途上国が受ける恩恵は、確かに計り知れないかもしれません。

無くなると困ること

現在までの研究で、具体的に予測されている、蚊のついでに絶滅あるいは激減してしまうかもしれない種が、複数の研究者によっていくつかあげられています。

餌が激減する影響を一番受けるのは、「魚」などの水生生物だそうです。

加えて、「クモ」「トカゲ」「カエル」などが一定の影響を受けるでしょう。

地域的には、北極圏のツンドラ地域での食糧減が深刻になるかもしれません。

また、カカオの主要産地では、「ヌカカ」という種類の蚊が、カカオの受粉に大きく貢献しているため、いなくなるとカカオの栽培が危機に瀕する可能性があります。もしかしたら、チョコレートが幻の希少な食べ物になってしまうかもしれません。

病気が無くなることは本当に恩恵なのか

人口が増えることは地球と人類に何をもたらすのか

長い地球の歴史を振り返ると、ひとつの種が滅びると、それに代わる新たな環境に適応する種が繁栄するように、生態系は適応してきました。蚊の撲滅による生態系の変動が、地球環境の破壊に至る可能性はいたって低いと考えるほうが妥当かもしれません。

が、蚊の媒介してきた病気がなくなることで、地球の人口は確実に増えるとしたら、その結果、人類全体、地球全体は、決して幸せなことにはならない、と考える専門家も少なくはありません。

今現在、発展途上国では将来の食糧難が危惧されています。

豊かに物質を浪費している先進国では、あと100年地球が持たないくらいの勢いで、ありとあらゆる地球資源を消費し尽くしている最中です。

これ以上人が死ななくなって、果たして人間は地球の資源を再生可能なレベルで分かち合っていくことはできるのでしょうか。

もしかしたら、蚊は、人間によって地球が滅ぼされる「運命の日」の到来を必死で食い止めてくれている存在なのかもしれません。

でも、やっぱりジカ熱怖いから、蚊取り線香に躊躇なく火をつけますけどね。それって、人間の身勝手なのでしょうか・・・。

まさケロンのひとこと

まさケロンも蚊取り線香に火をつけるよ。それくらいじゃ蚊は滅びないと思うんだよね。

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。