髪の悩み・ヘアケア

プロテイン飲んでウエイトトレーニングするとハゲるらしい!?

マッチョ
Written by すずき大和

イギリスの新聞「デイリー・メール」は、当地では最も古いタブロイド紙です。

タブロイド紙というと、「ゴシップ紙」と思われがちですが、デイリー・メールは政治や経済、社会問題などへの切り込みや批判が鋭いことでも知られ、世界にも広く配信され、読まれている英字紙です。

そのデイリー・メールが、ジムに通って熱心にウエイトトレーニングに励む男性たちに向かって、「あなたの行為が自分で“ハゲ”を作っていませんか?」という、ちょっとショッキングな記事を載せました。



スポンサーリンク

マッチョになることとハゲの関係

男性特有のお悩みAGA

20世紀、ハリウッド映画の人気俳優に、スキンヘッドや、頭頂部が薄い人がいたため、

「ハゲはセクシーシンボル」

なんていわれたことがありました。

が、それは頭髪以外の部分のイケメン度がめちゃめちゃ高かった人の場合に限ります。普通に中年になって、普通にお腹が出てきたおじさんのおでこが後退していくことは、国を問わず、やっぱり「できれば食い止めたい」ですよね。

女性も、加齢により抜け毛が増えて、分け目が目立つようになりますが、おでこの生え際が年々後退したり、頭頂部がだんだん薄くなったりするのは、男性特有の「ハゲ」症状です。実はこれは、

『AGA(男性型脱毛症)』

という、立派な病気の症状です。

男性ホルモンが増えるとハゲるの?

AGAを発症する主な原因は、『DHT(ジヒドロテストロン)』という男性ホルモンのせいです。DHTは髪の毛の発毛サイクルを短くする命令を出します。

髪は2~7年くらい成長し、成長が止まると抜け落ちます。生え始めの細くなよなよした毛髪も、時と共に太くて丈夫な毛に育ちますが、DHTの命令を受けると、まだ短く弱い毛のうちに抜けてしまいます。次第に薄くなり、ある程度の生え変わりを経た毛穴からは、もう髪が生えてこなくなってしまいます。

DHTは、男性ホルモンの95%を占める「テストステロン」が変化して生まれます。

テストステロンは、いわゆる「男らしさ」を作るホルモンです。これが多いと筋肉が増えたり、体毛が濃くなったりします。

「男性ホルモンが多いとハゲる」

という噂を聞いたことがある人がいるかもしれせんが、それは半分だけ当たりです。

テストステロンが多いだけでは、決してハゲません。ただし、テストステロンがDHTに変化しやすい体質の人は、テストステロンの増加はDHTの増加にもつながり、ハゲやすくなります。

ウエイトトレーニングとプロテイン飲料はDHTを増やす?

筋肉が増えると男性ホルモンが増える?

ウエイトトレーニングもプロテイン飲料の摂取も、筋肉増量を目的として行います。筋肉増量効果が出るということは、男性ホルモンが増加するということです。

“筋肉が増えるとテストステロンが増える”のではありません。

“テストステロンが増えるから筋肉が増える”のです。

ホルモンというのは、からだの特定の働きを発動させる命令物質です。テストステロンは、筋肉増量命令を出すホルモンです。

筋肉に負荷をかける無酸素運動(筋トレ)をすると、脳はテストステロンを分泌する指令を出します。結果マッチョなからだになっていくわけです。

プロテインはたんぱく質なので、筋肉の材料を補給するために飲むものです。が、実はプロテイン飲料の中には、血中のテストステロン濃度を上げる命令を出す成長ホルモンも含まれています。

AGAの人は確かにハゲが促進するかもしれません

今回の記事は、日本でもキュレーションサイトで翻訳して紹介されました。

参考:筋肉?髪の毛?さあ究極の選択だ。筋肉トレーニングとプロテイン飲料が薄毛を加速させる可能性(英専門家)

内容をよく読んでみると、やはり要は

「男性ホルモン(テストステロン)が増えるからハゲも促進される」

といっています。

つまり、AGAを発症している人、これから発症しそうな人にとっては、

「DHTも増加させてしまう」

ことになるので、薄毛を促進します。

が、そうじゃない体質の人にとっては、必ずしもハゲるわけではないといえます。

まだハゲ初めていない人は・・・

ということで、すでにおでこの後退や頭頂部の薄毛化が始まっている人は、マッチョになる努力は髪の毛とサヨウナラの決断とセットになる可能性が高いです。

白人社会と違って、東洋人の間では「マッチョへの憧れ」がそれほど高くないので、

「健康のため」とか

「メタボの解消」とか

でジムに通うのならば、ウエイトトレーニングではなく、有酸素運動にして、プロテインも飲まなければ、男性ホルモンの分泌促進命令は出ないそうです。

DHTが増えやすいかどうかは、遺伝や体質によるものです。まだ全然ふさふさの若い時にジム通い始めて、知らず知らずのうちにハゲ促進してしまう人もいます。

「自分はまだ大丈夫!」と思っている人、筋トレしたくなったら

  • 親のハゲ度はどうだったか
  • 短くてヘナヘナした抜け毛はないか


慎重に観察しながら、やるかどうか判断してください。

もっとも、ハリウッド俳優並みのイケメンなら、ハゲでも非マッチョでもモテます。

そして、多くの女性にモテるのではなく、ひとりの信頼できる大事な女性と結ばれたいならば、外観より内面を磨いたほうが確実です、たぶん。

男性の皆さん、何はともあれ、髪とは長いお友達でいられますように。

まさケロンのひとこと

髪が大事か、筋肉が大事か、、難しい選択だね。

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。