メープルシロップ

メープルシロップとアガベシロップ 砂糖の代わりはどっちがいい?

塩と砂糖の区別がつかない女性
Written by 畑中ことり

アガベシロップとは?

アガベシロップはこの「アガベ」が原材料のシロップで、メキシコ、南アフリカが主な生産地です。

アメリカのスーパーマーケットでは砂糖や、ダイエットのための人工甘味料のコーナーに並べられています。アガベとは日本語ではリュウゼツラン呼ばれる植物です。この植物を発酵させて作ったアルコールからテキーラが作られます。

このアガベシロップ、マクロビオティックの愛好者などから高い支持を得ています。筆者も在米中に愛用していました。愛用していた理由は、

  • カロリーが砂糖よりも低い
  • ビタミンやミネラルをたくさん含んでいると聞いた
  • アイスティーやアイスコーヒーなど、冷たい飲み物にもさっと溶ける。


味はメープルシロップをさっぱりとさせたような甘さで、とてもおいしいです。

昨今では砂糖や蜂蜜代わりにメープルシロップを使っていた健康志向の人たちが、このアガベシロップを注目しています。そこで!

「メープルシロップ」と「アガベシロップ」を比較してみたいと思います。



スポンサーリンク

メープルシロップとアガベシロップ、栄養分はどうなってるの?

日本食品標準成分表より、2つの甘味料と砂糖(上白糖)の栄養分を比較してみました。

(日本食品標準成分表より)
アガベシロップ メープルシロップ 砂糖
100グラムあたり 310 kcal 256.9 kcal 386.9 kcal
脂質 0.5 g
コレステロール
ナトリウム 4 mg 1 mg
カリウム 4 mg 230 mg
炭水化物 76 g 66 g 100g
食物繊維 0.2 g
糖質 68 g
タンパク質 0.1 g 0.1 g
カルシウム 1mg 75 mg
0.1mg 0.4 mg
マグネシウム 1mg 18 mg

メープルシロップもアガベシロップも、砂糖よりもカロリーが低く、栄養素やミネラルをたくさん含んでいることがわかります。

カロリーが低いといわれているアガベシロップですが、メープルシロップよりもカロリーが高いですね。ですが、メープルシロップよりも、たくさんの種類の栄養素を含んでいることがわかります。

メープルシロップですが、砂糖に比べると、100キロカロリーも低いです。さらに、カルシウムとカリウムが多く含まれているのは、骨粗しょう症に悩む女性や年配の方にはうれしいですね。

アガベシロップは体に悪い!?

健康的な甘味料として欧米で注目されているアガペシロップですが、たくさんの果糖を含んでいるんでいて、それが悪影響を及ぼすことがわかってきました。

栄養成分の表を見ると、糖質が100グラム中68グラムです。果糖は、くだものの甘みの糖質です。果糖は他の糖質、ショ糖、ブドウ糖と比べると、

  • 最も甘い
  • 最も水に溶けやすい


アガベシロップがまるでガムシロップのように冷たい飲み物に溶けるのは、果糖だからだったんですね。

果糖は体に良いの?悪いの?

アガベシロップは製品によっては90パーセントが果糖だそうです。そこで、果糖の特徴をまとめました。

<良い点>

  • 虫歯菌をつくらない
  • 疲労回復に効果あり


<悪い点>

  • ほとんどが肝臓で代謝される
  • 血糖値を上げない
  • 過剰にとると肥満のおそれがある


ほとんどが肝臓で代謝される

ブドウ糖は小腸で吸収されますが、果糖は肝臓に直接運ばれるので、肝臓に大きな負担がかかります。

血糖値を上げない

一見すると、糖尿病に良いのではないかと思いますが、血糖値が上がらないと脳が満腹感を感じず、結局は食べ過ぎてしまうことも。

過剰にとると肥満のおそれがある

口あたりが良いので、食べ過ぎ、飲み過ぎになりやすく、肥満の原因になります。100%のフルーツジュースを思い出してみてください。甘いですが、砂糖の入ったソフトドリンクよりもさっぱりした甘さで飲みやすく、つい飲み過ぎたりしませんか?

メープルシロップに問題はないの?

アガベシロップに対して、メープルシロップは健康に良くない影響をおよぼす、という調査結果は出ていません。気を付ける点を強いて挙げるなら、

  • ケーキシロップ、ホットケーキシロップなどの類似品と間違えない。
  • ホルムアルデヒドや放射線で殺菌された製品もあるので、「オーガニック」の製品を選ぶ。


メープルシロップ VS アガベシロップ

砂糖の代わりにつかう甘味料で、メープルシロップかアガベシロップのどちらかを選ぶとなると、「メープルシロップが良い」でしょう。アガベシロップも、デメリットをメインにご紹介しましたが、疲労回復に良い、水に溶けやすいなど、良いところもあります。

疲れているときに、冷たいアイスコーヒーに入れると、果糖とカフェインで疲労回復に効果がありそうです。ですが、血糖値が上がりにくいからといって、糖尿病の方や中性脂肪をとりすぎている方は使うのはリスクが大きいので、過信せず、使いすぎないように気をつけましょう。

まさケロンのひとこと

「砂糖の代わり」っていうことなら「メープルシロップ」がいいみたいだね。でもこりゃ〜どっちも試してみたいな〜!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。