メープルシロップ

メープルシロップは体にいい!健康と美容の強い味方!

ホットケーキにメープルシロップ
Written by 畑中ことり

メープルシロップは、「健康」「美容」にとても良い甘味料です。

メープルシロップは、大地の恵みをたっぷり吸い上げたサトウカエデの樹液から作られます。

カナダの開拓者たちの命を救ったといわれるメープルシロップがどうして健康と美容に良いのかご紹介します。



スポンサーリンク

砂糖や蜂蜜よりもカロリーが低いメープルシロップ

「100グラムあたりの食品成分」をご覧ください。

(日本食品標準成分表より)
(単位) メープルシロップ はちみつ 上白糖
エネルギー kcal 257 294 384
水分 g 33 20 0.8
たんぱく質 g 0.1 0.2
脂質 g
炭水化物 g 66.3 79.7 99.2
灰分 g 0.6 0.1

砂糖、蜂蜜と比べてメープルシロップはカロリーが1番低いですね。ダイエットをされる方にも、メープルシロップはおすすめです。

コーヒーやミルクティーに砂糖の代わりにメープルシロップを入れると手軽でいいですね。キャラメルシロップを入れたような、コクのある味でとてもおいしいです。

ミネラルをたくさん含んでいる

「ミネラル」も比較してみましょう。よく知られているミネラルは、カルシウム、鉄分などです。人間の体に必要なミネラルは16種類あり、食物からしか摂ることができません。


(日本食品標準成分表より)
メープルシロップ はちみつ 砂糖
ナトリウム 1 mg 7 mg
カリウム 230 mg 13 mg
カルシウム 75 mg 2 mg
0.4 mg 0.8 mg
マグネシウム 18 mg 1 mg

特筆したいのは、「カルシウムとカリウム、そしてマグネシウムの多さ」です。

カルシウム

はちみつと比べると、カルシウムの量が30倍以上です。カルシウムは、ご存じのように、人間の体を支える骨や歯を作る重要なミネラルです。また、イライラするのはカルシウムの不足と言われますが、神経や筋肉の興奮をおさえ、バランスよく保つ役目があります。

カリウム

メープルシロップが含むカリウムの量も、はちみつに比べると17倍です。カリウムは、腎臓にたまった老廃物の排出を促します。カリウムが不足すると高血圧やむくみの原因になります。

マグネシウム

メープルシロップにたくさん含まれているマグネシウムは、カルシウムとともに、骨や歯の形成に欠かせません。骨粗しょう症の防止には、カルシウムとマグネシウムの両方が必要です。

日本人に不足しているカルシウム、カリウム、マグネシウム

これら3つのミネラルは、私たち日本人に不足している栄養素です。料理やお菓子をつくるときは、砂糖の代わりにメープルシロップを取り入れましょう。

「シロップは使いにくいな〜。」

と、思われる方は、メープルシロップを煮詰めて作った「メープルシュガー」もあります!

意外に思われるかもしれませんが、煮物や照り焼きにとっても合います!無糖のヨーグルトにかけるのもいいですね!

美と健康の友、ポリフェノールをたくさん含んでいる

アメリカの大学で、メープルシロップに含まれる63種類のポリフェノールが特定されました。ポリフェノールは、「抗菌」「抗酸化作用」があります。

抗菌作用

「ストレス」や、「睡眠不足」からできる

  • 肌の吹き出物
  • ニキビ
  • 肌荒れ


をおさえる効果があります

抗酸化作用

「細胞の老化防止」に効果があります。シミ、しわ、たるみから肌を守り、細胞を活性化することで、皮脂のバランスが良くなり、肌の乾燥を防ぎます。

まだまだある健康作用!

  • 血中のコレステロールをおさえて高血圧の予防
  • 便秘の改善をすることで、消化器能を活性化
  • がん発症の原因と言われるピロル菌の働きも抑制


このように、甘くておいしいだけではなく、栄養素が豊富なメープルシロップです。毎日のお料理に上手に取り入れて、美容と健康の両方に役立ててくださいね!

まさケロンのひとこと

ダイエット中の人に注意!メープルシロップ自体のカロリーは低いんだけど、実際のカロリーは料理でかわってくるからね!食べ過ぎには気をつけて!

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。