ミュージカル

ミュージカルの歴史を知ってもっと楽しもう!歴史と映画との関係

眠らない街
Written by 畑中ことり

舞台の上で俳優たちが歌って踊るミュージカル。せりふだけでなく、音楽、歌、ダンスを組み合わせた独特の演劇スタイルです。

このようなスタイルはどのようにして始まったのでしょうか?

その幕開けは、映画の始まりと重なり、切っても切れない関係があります。



スポンサーリンク

ミュージカルのルーツはオペラ

ミュージカルは、庶民のためのエンターテインメントとして生まれました。と言っても、

「この作品がミュージカルが始まり」

という特定の作品はありません。1900年代に入って、オペラやオペレッタが人気でしたが、敷居もチケットも高かったため、誰もが気さくに楽しめるミュージカルの原型が生まれました。

当初のミュージカルは、オペラの有名な曲のサビの部分をつないだレヴュー形式でした。レヴューとは一種のバラエティーショーで、寸劇、歌、ダンスなどの演目が上演されていました。そこから、

  • マジック(手品)ショー
  • ボードビルショー


の2つに分かれました。

蛇足ですが、海外では今でもマジックショーが大変な人気で、よくテレビで中継されています。それはレヴューから発展し、根付いたものだったんですね。

ボードビルショーは、

「チャップリンが出ていた」

と言うとイメージがつかみやすいと思います。当時の芸人たちが舞台に立ち、歌、踊り、手品、コメディーなどを上演していました。チャップリンの映画進出からわかるように、ボードビルショーは、後に映画産業と結びついていきます。

ミュージカル第一作は『ショウボート』

1927年にブロードウェイで初演された

『ショウボート』

が、現在のミュージカルのスタイルで上演された最初のミュージカルと言われています。

『ショウボート』以前は、オペラ、オペレッタとミュージカルの区切りが難しかったのですが、第1次世界大戦後にアメリカで、

  • 地声による自由な歌唱
  • 俳優が歌って踊る(オペラではダンスはない。オペレッタは歌い手と踊り手が分かれている)
  • 打楽器を多用したバンド編成
  • 英語歌詞


といったスタイルが定着しました。『ショウボート』は現在でも人気の演目で、たびたび再演されています。『ショウボート』を始めとして、次々とミュージカルが発表されていきました。

ブロードウェイミュージカル全盛期

1940年頃から70年代がブロードウェイミュージカルが全盛期です。サウンドオブミュージックやウエストサイドストーリーなど、有名作がこの頃初演されました。

舞台俳優たちがマイクを通して歌うようになったのもこの頃です。また、上演されたミュージカルショーは、どんどん映画化されていきました。中には


『巴里のアメリカ人』

『恋の手ほどき』

など、アカデミー賞を受賞した作品もあり、劇中の歌は、今でもスタンダード・ナンバーとして歌われています。

ジュークボックス・ミュージカル

1980年頃になると、ミュージカル業界は肥大化します。作品にかける予算が膨れ上がったものの、それらの作品の商業的失敗が相次ぎ、ミュージカルは衰退していきました。

そこで注目されたのが、人気ミュージシャンをフィーチャーした小規模なミュージカルです。そこから、若者向けに有名な曲を採用した、ジュークボックス・ミュージカルが発展していきました。

劇中でヒット曲がたくさん歌われることから、ジュークボックスを文字った名前がつけられました。代表作に、ABBAの音楽をベースにした

『マンマ・ミーア!』

や、クイーンの

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』

があります。

ディズニー映画のミュージカル化

1990年代に入ると

『美女と野獣』

『ライオンキング』

をはじめとする、ディズニーのアニメがミュージカル化されるようになりました。大人も子どもも楽しめるため、世界中で大ヒットしました。

現代のミュージカルの主流は?

ディズニーアニメのミュージカルが大ヒットしたことで、ミュージカルが再び盛り上がりを見せました。

2003年、

『シカゴ』

がミュージカル映画として34年ぶりとなるアカデミー作品賞を受賞したことをきっかけに、1970年代のブロードウェイのヒット作がどんどん映画化されました。

最近では

『レ・ミゼラブル』

が記憶に新しいですよね。本来、ミュージカルの映画では、歌は事前に録音した曲を使い、役者は口パクというスタイルですが、『レ・ミゼラブル』では歌はすべてその場で歌っていて、映画と舞台が融合した新しい形になっています。

まとめ

ミュージカルは大衆芸能として生まれ、繁栄と衰退を繰り返しながら、映画と密接に結びついてきました。大衆芸能といっても、日本でミュージカルを楽しむにはまだまだチケットも高く、上映数も少ないのが現状です。

劇場に足を運べないときは映画でミュージカルを楽しんでくださいね。過去の作品をいつでも楽しむことができます。

まさケロンのひとこと

ミュージカルってなんだか敷居が高いイメージがあるけど、実はけっこう身近なものなのかも。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。