ミュージカル

ミュージカルを楽しむ方法!どこの劇団を見る?チケットの取り方は?

綺羅びやかな玉ボケと陸橋
Written by 畑中ことり

「ミュージカルを素直に楽しめない。」

そういう方は多いと思います。たとえば、劇中で今にも死にそうな登場人物が今わの際に歌い出して、

「死にそうなのにどうして歌えるの!?」

と理解に苦しむ人もいるでしょう。反面、ミュージカルの舞台を生で見ると、その魅力に取りつかれてしまう人もたくさんいます。映画やテレビドラマとは違い、歌や踊りのパフォーマンスに圧倒されるからです。今回は、ミュージカルを生で楽しむためには、どうすればよいかをご案内します。



スポンサーリンク

一緒に見に行くひとを探す

家族、友達、恋人など、誰か一緒に行く人を探しましょう。もちろん、1人で見ても構いませんが、劇場に行く前のわくわく感や、ミュージカルが終わったあと、感想を言い合ったりすると、よりいっそう楽しいからです。

近日上演の公演を探す

パートナーが決まったら、何を見るかを決めましょう。劇場で定期的にミュージカルを上演しているのは、

  • 劇団四季
  • 宝塚歌劇団
  • 劇団わらび座


です。劇団主催のミュージカルは、それぞれ養成所出身の俳優が出演して一定のクオリティが保たれているため、安心して観劇できます。ただ、人気の演目の場合は、チケットが取りづらいこともあります。どの劇団もウェブサイトでチケットが予約できます。

劇団四季


日本を代表する劇団です。東京・名古屋・大阪・札幌に専用劇場があります。ディズニー・アニメやブロードウェイの人気ミュージカルを日本各地で上演しています。

劇団四季のホームページの上部にはお住まいのエリアを選択できるようになっていて、たとえば「大阪」を選ぶと、近辺で上演している演目が表示されるようになっていて便利です。

宝塚歌劇団


兵庫県宝塚市の女性だけで構成される歌劇団です。宝塚大劇場と、東京宝塚劇場を所有していて、関西圏、関東圏で楽しむことができます。全員が未婚、外部の俳優は使わない、宝塚音楽学校の良妻賢母教育など、かなり異色の劇団です。

華やかなレビューは一見の価値ありです。実は男性ファンも多く、手塚治虫が宝塚歌劇団のショーをよく見ていたのは有名です。

劇団わらび座


初めて名前を知った方が多いかと思いますが、日本では劇団四季や宝塚歌劇団に次ぐ規模の劇団です。日本の伝統芸能をベースとした演目を上演していますが、最近はオリジナルのミュージカルにも力を入れています。テレビドラマや映画で活躍するクリエイターを招いた演目もあり、全国で公演をしています。

劇団以外のミュージカル


映画でおなじみの東宝は、演劇の製作も行っていて、その中にミュージカルも含まれています。

  • 東京芸術劇場
  • 帝国劇場
  • シアタークリエ
  • 日生劇場


など、都内の有名な劇場でミュージカルを上演しています。

その他のミュージカル

日本最大級のチケット販売サイトです。ここで気になるタイトルがないか探してみましょう。

ミュージカルを見る前に

無事にチケットを取ることができたら、あとは当日劇場に向かうだけ!

ネタバレO.K!な場合

もしあなたが見る演目のサウンドトラックが発売されているなら、観劇の前に聴いてみましょう。原作の本を読んだり、映画化されているなら、それを見るのもアリです。

それで楽しめるの!?と思われるかもしれませんが、たとえば、『オペラ座の怪人』ではハイライトである巨大なシャンデリアが落ちてくるシーンは、映画と舞台では異なります。

そんな違いを楽しんだり、映画でCG(コンピューターグラフィックス)が使われているシーンが舞台ではどう表現されるのだろう?など、その違いが楽しいのです。

実際に舞台を見ていると、歌に踊りに台詞と、追いかけるのが大変です。細かな演出や役者の歌などをじっくり堪能したいなら、予習をしていくと良いですね。

ネタバレN.G!な場合

もちろん、なんの予備知識もない、まっさらな状態で作品を楽しむのもいいですね。劇の最初から最後まで、目の前で演じられる迫力のあるエンターテインメントから目が離せなくなるでしょう!

まさケロンのひとこと

生の迫力って凄まじいんだけど、それとはまた別の、一度はまっちゃうとなかなか抜け出せない不思議な魅力があるよね。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。