健康・医療の豆知識

この疲れを舐めるなよ!慢性疲労の危険サインに気付こう

帰宅中のサラリーマン
Written by すずき大和

「ブラック○○」という呼び名がすっかり一般に定着して久しいです。

元は「ブラック企業」「ブラック上司」など、理不尽で苛酷な労働環境をぼやく話題の中で生まれた言葉です。最近では、「ブラック部活」というのも聞きます。

多方面から取り組まないといけない問題ですが、

「理不尽の中にある当事者」が、

  • だんだん“思考停止”状態になり、
  • 改善しようとか、逃げようとかすることなく、事態を受け入れ、
  • そのうち健康が損なわれていく自覚すらなくなってくる

という状況に追い込まれている点に、重大な問題を指摘する声も多く聞かれます。

思考停止を表す典型的な例として。

“「極度の慢性疲労に対しての危機感が薄れている人」がとても増えている”

といわれています。長引く慢性疲労があるのに、何も対処せずズルズル放置している状態の人たちです。

この疲労の思考停止は、社会全体に蔓延しつつある傾向との指摘もあります。

SNSに「リア充」報告を上げるため、睡眠時間を削ってまで趣味や遊びに入れ込んでしまうなど、ブラック環境にはない人たちにも忍び寄っている問題です。



スポンサーリンク

人はなぜ疲れを感じるのか?

ストレスの限界を訴える危険信号

そもそも「疲労」とは何でしょう?

人は、毎日生きる上で、いろいろなストレスにさらされています。

  • 身体的ストレス:肉体労働や運動によって体力を消耗するなどのストレス
  • 精神的ストレス:主に人間関係の悩みからくるストレス
  • 環境ストレス:猛暑や寒さ、紫外線・化学物質・菌などとの接触に耐えるストレス


ストレスが限界を超えると、からだの調整機能がうまく働かなくなり、体内の様々な働きにひずみが起きるようになります。ひずみは細胞そのものも傷つけていきます。

通常なら、細胞が傷ついた場合はすぐに修復作用が働くので、大きな問題にはなりません。しかし、機能調整のひずみが大きいと、修復が追いつかなくなり、傷ついたままの細胞が放置されます。それが更に免疫力の低下などを促進します。

そうなる前に「休息してストレスを解消してくれー」とからだが出すサインが、

  • だるい、眠い
  • しんどい、苦しい
  • からだが重い
  • 集中力がなくなってきた

などの疲労症状です。

緊急事態に対応する免疫体制が慢性疲労の症状を起こす

疲労サインが出ても無視して、休息なしに活動を続けると、免疫力低下の影響で、ウイルス等の感染症状がでてきます。口唇ヘルペスができたり、何度も風邪を引きやすくなったら、免疫力が低下していると思って間違いありません。

そうなると、からだは緊急事態宣言を発令し、強力な免疫物質を放出するようになります。これは、ウイルス退治にもなりますが、強すぎて脳の働きにも悪影響を与えてしまいます。

脳の機能異常に起因して、

  • 一晩寝てもとれない全身疲労
  • 不安・抑うつ

などの「慢性疲労」症状が表れるようになります。

こうなってもまだ疲れを放置し続け、休息をとらないと、いよいよ深刻な病気や過労死に向かってまっしぐらとなってしまうのです。

自分の慢性疲労に気付こう

思考停止はなぜ起きる

ブラック状態にある人が思考停止してしまうのは、いくつかの要因が働いていると思われます。

苛酷に理不尽な働き方であるにも関わらず、周囲からその姿勢を褒められたり、小さな仕事の達成感が続くと、

「自分は必要とされている」

という思いが生じます。すると、脳内で快楽を感じ、テンションを高める物質(「ドーパミン」や「アドレナリン」など)が分泌され、疲労感のサインを覆い隠してしまう点も、大きいです。

趣味や遊びに没頭して慢性疲労を見過ごす人も、快楽物質のせいで危険サインを見失っているといっていいでしょう。

意識して自分の疲労度チェックをしよう

仕事も部活も趣味も、自分の生活を豊かにしたり、自分自身を成長させたり、周囲や社会にも役に立つ、本来

“人の暮らしを幸せにするために行われること”

のはずです。自分の健康がどんどん損なわれ、そこから抜け出せなくなっているのだとしたら、それは何かが間違っています。

格差社会が広がるご時世、社会が変わらないとブラックな状況から抜け出すのは難しいケースも多いでしょう。が、ただ黙って過労死に進むのではなく、まず「自分の疲労がヤバい!レベルにある」ことを自覚することで、良い方向に向かう一歩が踏み出せるかもしれません。

日本疲労学会理事を務める医学博士・倉恒弘彦先生が、疲労度を自己診断するためのチェックリストを発表しています。


各項目の白い点数欄に、「全くない0点」から「非常に強い4点」まで、当てはまる数字を入れていき、合計点から、「身体的」「精神的」「総合」の評価がわかります。

それぞれ危険ゾーンの数値が出た人は、ぜひ自分の生活を見つめなおし、過労死へ向かわない未来について、模索してみてください。

あなたの本能は、危険を知らせているかもしれません。

その「疲労」舐めたらいけませんよ。

まさケロンのひとこと

思考停止っておそろしいよね。自分たちの時間にも終わりがあるわけだし、たまにはまっすぐ自分と向き合うべきだと思うんだ。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。