お酒の豆知識

ウイスキーの初心者ならハイランドパークから飲み始めるのがオススメ

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%92%e5%8f%a3%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7
Written by Gao

昨今のハイボールブーム、そして昨年のNHKの朝ドラ「マッサン」の影響で、ウイスキーを飲みはじめる人が、急激に増えています。

しかしながら、特に、ビール感覚でハイボールを飲むことに慣れてしまったひとが、適当にウイスキーを頼むと、好みに合わないウイスキーを飲んでしまい、逆にウイスキー嫌いになってしまう例も多々あります。

また、ウイスキーの大人のイメージに惹かれて飲みたい人は、バーなどで、かっこよく銘柄を指定して飲みたいですよね。

「よく知らないので、適当に」

なんてのはカッコよくありません。

そこで今回は、ウイスキー通の間でも評価が高く、一方で飲みやすく、そして入門編ながらもスコッチの奥深さに触れられる銘柄として、ハイランドパークを紹介します。



スポンサーリンク

ハイランドパークが初心者にオススメの理由

しっかりとした甘み

なぜハイランドパークが初心者にオススメなのでしょうか。

独特の香りのイメージが強いウイスキーのなかでも、

『舌全体で味わうことのできるしっかりとした甘みが特徴』だからです。

ウイスキーは特殊な味わいをもったものが多いため、そうしたものを最初に飲んでしまうと、ウイスキーを苦手になってしまう可能性があります。

しかし甘みというのは、多くの人間が快楽を感じる味のひとつです。そのため、入門編にぴったりなのです

後にひかないスモーキーフレーバー

NHKの朝ドラ「マッサン」でもありましたが、スコッチの味わい深さは、独特の煙臭さです。慣れてくると、新たな味覚の世界が開拓され、ウイスキーを飲むのが楽しくなってくるのですが、慣れない人には

「こんなの飲み物ではない!」

というのが正直なところ。

ハイランドパークもスモーキーフレーバーがしっかりしているのですが、じっくりと喉の奥で味わうような感じではなく、口に含んだ瞬間に広がったあとは、素直に消えてくれる爽やかな香りです。

そのためスモーキーフレーバーが苦手な人でも、最初の一口さえ突破してしまえば、後は慣れてしまうことができるのです。

ところで、確かにウイスキーのなかには、スモーキーフレーバーの少ない銘柄も多く、そうしたものを入門編として勧める方もおおいのですが、あえてスモーキーフレーバーがしっかりしているハイランドパークを今回ピックアップしています。

なぜなら、スモーキーフレーバーに最初に慣れておかないと、飲めるウイスキーの幅がいつまでも広がらないからです。

ハイランドパークについて知っておきたい豆知識

世界最北の蒸留所

ぶっちゃけた話、世界最北だからといって、そのことが顕著に感じられるわけではありません。しかし、今回は話のタネを提供するのが目的。

例えば、日本の北の地方の出身者と飲むときに、ハイランドパークを勧めてみてはどうでしょう。

「これは世界最北の蒸留所で作られていて、ウイスキーというのは気候風土に合ったものが作られるから、あなたにきっと合うと思うよ」

と一言いえば、勧めるキッカケになるでしょう。

シェリー樽のみを使って熟成

シェリー樽で熟成させた原酒を一部つかったウイスキーなら数多ありますが、シェリー樽のみのウイスキーは数えるほどしかありません。そのひとつが、ハイランドパークです。

シェリー樽をつかったウイスキーの特徴は、思わず何回も嗅いでしまうような、華やかな香りが特徴です。「華やかな香り」という表現は、ウイスキーの世界では共有されている表現ですので、ハイランドパークのどこが好きかと言われたら、

「抜群の華やかさですね」

と言えば、知ったかぶりで恥をかく可能性は低いでしょう。


ハイランドパークはとてもバランスの良いお酒である一方、スコッチのもつ主要な特徴が詰め込まれた銘柄でもあります。そのため、ウイスキーを飲み慣れてきたら、もう一度、ハイランドパークを飲み直してみてください。「こんなに様々な味が隠れていたのか!」と驚くはずですよ。

まさケロンのひとこと

ウィスキーは一度ハマると抜け出せなくなる魅力があると思うんだけど、最初のハードルがなんだか高い気もするんだよね。一度諦めちゃった人も、ハイランドパークからまたはじめてみては!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

Gao

三十路を前にしてフリーライターとして独立。収入は少ないながらも、やりがいのある仕事に囲まれて充実感のある日々を送っています。趣味は読書とランニングすること。