結婚生活

結婚生活を夫婦円満に過ごすための3つの条件

Written by たき

私も、結婚生活は憧れています。家に帰ると、「ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも・・・」みたいなの…いいですね、憧れます。

しかし、結婚したのに離婚してしまってはもともこもありません。

そこで今回は、結婚生活を夫婦円満に過ごすための3つの条件をあげていきたいと思います。



スポンサーリンク

相手のへ興味を持つ

離婚原因の一位は、男女共通で

性格が合わない

というものです。
性格が合わないということは、相手のことをあまり理解していないから感じることなのかもしれません。

つまり、結婚相手に対して興味を持っていないということですね。
 
結婚する前や新婚のときは、十分に相手への興味を持っていると思います。

しかし、結婚し時間が経過していくと...興味が薄れてしまう事があります。

悪い言い方をすれば、「飽きてしまう」ということです。

人というものは同じこと、ワンパターンな生活を続けると、いずれ飽きがきてしまいます。

これが、相手への興味が持てなくなる原因となるのです。
 
そこで、結婚生活の中で少しいつもとは違うことをしてみましょう!

そうすることで、相手への興味、関心を持つことが出来ます。

夫婦で一緒にできることを見つけ共通の趣味を持ったり、旅行に出かけたり、いつもの生活と違う時間を二人で過ごすとにより相手への興味を深めていきます。

ポイント

  1. 共通の趣味を持つ
  2. たまには旅行に出かける

週末には二人でデートをしてみるのもいいかもしれません。

適度な距離を保つ

コミュニケーションをとるのはとてもいいことですが、とり過ぎには注意です。

とり過ぎることによって、望まない口論の元になってしまうからです。
 
夫婦といっても、お互いのプライバシーというものがあります。

そのプライバシーに踏み込まれる事によって、「望まない口論」の原因となってしまいます。

なので、距離感が近すぎると、夫婦の間に溝を生むことになりかねません。

逆に、お互いに鑑賞しないと決めている人もいるかもしれません。

しかし、夫婦間の距離をとり過ぎるのも問題です。

距離をとり過ぎると、相手は自分へ興味をあまり持っていないのではないか、と思ってしまいます。

すると、自分も相手への興味が薄れていき、仲が悪くなってしまいます。

ポイント

  1. 口論や喧嘩になる前に一歩引いて謝る
  2. 一緒にいる時間を大切にする

相手を不快にさせてしまったら取りあえず謝ることが大切です。一緒にいるときは積極的に会話をしましょう。

結婚生活の目標(計画)を立てる

人というものは、目標を立てることによってその目標に向かって努力します。

そして、目標に到達すると達成感を得ることが出来ます。

これを利用して夫婦で目標に向かい努力し、絆を深めることが出来るのです。

結婚生活の目標としては、「子供を何人作ろう」や「いつか一戸建てのマイホームを手に入れよう」など明るい未来への目標がありますね。

『幸せ未来計画』とでもいいましょうか。

この幸せ未来計画を立てるときは、実現可能な範囲にしましょう。

もしも、達成できないような目標を立ててしまっては、夫婦の仲を悪くしてしまう事につながります。

ポイント

  1. 結婚生活は計画的に
  2. 無理な目標は立てない

何事も計画的にすすめるのが大切ですね。無理は良くないですよ。

最後に、どの項目にも当てはまるのが『思いやりの気持ち』だと思います。

結婚前や新婚のときは当たり前にできていることだと思います。
しかし、時間が経つに連れて、忘れていってしまいます。

継続は力なりです!

初心を忘れず、夫婦揃って幸せな人生を送りましょう。

まさケロンのひとこと

やっぱり結婚したら夫婦円満にすごしたいな
何事にも「思いやりの気持ち」ちゅうのは大事なもんやね
結婚してる人は末なごう幸せに暮らしや!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。