SNS

Facebookを使って副収入ゲット。まさに、今の時代の稼ぎ方

Written by たき

Facebookを見ていたら・・・

Facebookのニュースフィールドに興味のある記事が載っていました。

人生を前向きにするためのちょっとしたノウハウが書かれています。

いい話だなと思い読み進めていくと、記事の最後に

感動ストーリーはこちらから

という記載とともにリンク先のURLが張ってありました。

これはぜひ読んでおこうと思いクリックすると、いきなり警告文が。

スパムである可能性があります。よく知らないホームページであるのならスパム報告をしてください

いきなりの表示に驚きました。

警告文に書かれているようにリンク先のホームページはよく知りません。

スパムである可能性はあります。

迷いました。

でも正直なところこれから見るページがスパムであった場合、自分にどのような影響が出るのか分からなかったことと、「感動ストーリー」がどうしても読みたい気持ちのほうが強かったため、「スパムではない」をクリックし、表示させてしまいました。特に何も起きません。

まあ、いいや。
そんな軽い気持ちで「感動ストーリー」を読み進めていきました。

するとちょうど物語の結末を迎える直前で

続きを読む場合はアプリをインストールしてプレゼントに応募してください

という表示が。

どういうこと? 

どうやら続きを読むためには「続きを読む」ボタンをクリックしアプリをインストールしなければならないようです。

また、同時にプレゼントに応募すると10000円分の商品券が抽選で当たるという触れ込みでした。

さすがの私もここまで来ると、投稿者がビジネス目的でこのような仕掛けを作ったということが分かり、「続きを読む」をクリックすることはしませんでした。

ですが、結末が気になりました・・・



スポンサーリンク

Facebookを使って収入を得ることが可能らしい

以上のような経験から、ちょっとある疑問が浮かんできました。

facebookってお金儲けに活用できるのか?

筆者の認識ではFacebookは情報発信のツール。

例えば、こんな映画を見た、とか今日こういうことがあったとか、ネットでこんな記事を見つけたよ、といった話題を共有できるツール。

会社の休憩室で交わされる会話のネット版といったところでしょうか。

それが筆者のFacebookに関する認識です。

夢にもビジネスに応用できるとは思っていませんでした。

また、ビジネスに応用するということは具体的にはどういった作業になるのかということも気になります。

Facebook 副収入のキーワードでネット検索してみるとおびただしい数の検索結果でした。

  • Facebookで稼げる裏ワザ
  • Facebookで副収入
  • ネット収入で稼ぐ方法

いくつかの記事を読んでみると、Facebookで副収入を得るとは簡単に説明するとこういうことのようです。

Facebookアプリを使って集客しいいね!を増やす。

そのうえでアフィリエイトなどの広告収入を得る。

なるほど。
一部の記事に書いてあったようにこれで年商5億稼げるかどうかは別として、副収入にはなりそうですね。

よくビジネスに利用できると思いましたね

筆者はFacebookなどネットを利用したビジネスを実践しようとは思いません。

お金は働いて稼ぐものというちょっと古い考えを持っているからです。

ですが否定する気もありません。

Facebookの特徴である情報発信を応用したビジネスは

よくそこに目をつけたな

と感心さえしています。

筆者の友達にFacebookをうまく活用している人がいます。

彼女は問題意識を持っており、Facebookを通じて常に疑問を投げかけてきています。

環境問題などに対する政府の発言や識者のブログなどをシェアし「あなたはどう考えますか」と問いかけるスタンスを貫いています。

とても尊敬できます。

Facebookの特徴をよく理解し、自分なりに応用しているのです。

彼女の投稿はいつも楽しみにしています。

筆者も、同じ情報発信を行なうのであれば彼女を見習いたいと思っています。

そしてそれこそが本来のFacebookの姿だと自身を持って言えます。

まさケロンのひとこと

こういった今の時代の稼ぎ方っていうのは、みんな面倒くさいからやらんねん。
でも、その面倒くさい事をすることで、他の人と違うやり方でお金を稼ぐことが出来るってもんや!
頑張ればちゃんと結果につながるしなぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。