LINE スマホ

LINE Creators Marketに登録して君もクリエイターの仲間入り!

皆さんLINE(ライン)というアプリはご利用になったことがありますか?

メールよりも気軽にやりとりができて、リアルタイムで接しているように感じることができまるで携帯でチャットをしているような楽しさで利用できますよね。

そんなLINEの機能の中にスタンプというものがあります。

予め購入したおいたスタンプを相手に送ることで、気持ちを簡単に表すことができるので便利で私もよく送ってしまいます。

さてこのスタンプ、今までは特定の企業などからしか販売ができなかったのですが、ついにこの春から誰でも販売できるようになるんです!



スポンサーリンク

LINE Creators Marketとは?

そのサービスの名前がこちら

LINE Creators Market!

これを使うことでどなたでも自分で作ったオリジナルのスタンプを販売することができます。

もちろんプロじゃなくても企業じゃなくても大丈夫です。

絵心がある方、是非挑戦されてみてはいかがでしょうか?

LINE Creators Marketに登録するには?

まずLINEのアカウントを取られてください。

そのアカウントがあればLINE Creators Marketにてクリエイターとして登録できます。

販売するには?

実際販売出来るのはもう少し先ですが、今の内にガイドラインを熟読してイラストを用意しておきましょう!

販売するには以下の手順が必要になります。

  • クリエイターとして LINE Creators Marketに登録。
  • スタンプとテキストの情報を登録。

販売用のスタンプ用の画像40個、メインに使用する画像1個、トークルームタブに使用する画像1個で計42個の画像が必要になります。

これらをアップロードしてください。

そのときに一緒にスタンプのタイトルとテキスト(どんなスタンプなのか)も登録します。

以上が1セットになります。
  • LINEによる審査を受けます。
  • LINEのウェブストアにて販売が開始されます。

ちなみに売上の配分ですが、1セットを100円で販売して、その半分の50%がこちらに配分されるようになっています。

NGなものは?

  • イラストじゃないもの(写真など)
  • 企業ロゴなど宣伝目的なもの
  • 日常会話で使いにくいもの
  • 見にくいもの(頭身が高いキャラが全身入っていたり、横や縦に長かったり)

などなどこれらに注意して作成しましょう。

詳しいサイズや形式などはガイドラインに記載してありますよ。

今現在LINEのユーザーは3億人以上います。

是非渾身のスタンプを作成してLINEをもっと盛り上げて行きましょう!

まさケロンのひとこと

LINEでは、自分でスタンプを作れるんやねぇ~
しかも、報酬を貰えるなんてええやん!
でも、まさケロンは絵心が無いから・・・

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな