病気・症状

りんご病の症状。大人は高熱になりやすい?妊婦さんは特に注意!

Written by たき

寒くなりましたね。近所の公園でも、子ども達が頬を赤く染めて夢中で遊んでいます。

あかいほっぺをよく、りんごみたいだねって言ったりしますよね。

そうそう、りんご病っていう病気をご存じですか?子どもを持つママたちには、メジャーな病気ですよね。

りんご病とは、伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)というヒトパルボウイルスB19の初感染によって起こる感染症の症状だそうです。

左右の頬が赤くなるので、その外見からりんご病と呼ばれてるそう。

りんご病はヒトパルボウイルスB19の初感染が原因なので、

1度感染すると免疫がついて2度とかかることは無い

とも言われていますが、今の時点では確証が得られていないようです。

なお、成人のうち50%の方は、免疫をもっているそうな。

子どもの病気と言われていて、症状は、微熱が出て頬があかくなる・・・

あ、でも、症状が出た頃には、すでに感染を終えているのだそうです。

「りんご病」というネーミングのせいか、子どもの軽い病気というイメージのせいか、かわいらしい印象すらしますね、病気なのに。

・・・と、ところがです!

このりんご病。

大人が罹(かか)ると、大変なんだそうです。



スポンサーリンク

大人の「りんご病」

子どもより重い症状

子どもの症状より重症化するそうで、大人がりんご病に感染すると、以下のような症状がみられます。

  • 手足の関節痛や発熱
  • 乳幼児以上に高熱になりやすい

大人が頬に赤みを持つと、マスクで隠せる範囲ではないので外出にも支障がでます。

しかし大人の場合、赤みは太ももや腕のほうが発症しやすく、同時に筋肉痛になることもあるので、生活自体が大変です。

関節が痛むのに、子どものように頬が真っ赤にならない時は関節の病気と間違えられることもあります。

そうとうツライらしくて、ブログで闘病日記をつけちゃってる方もいらっしゃったくらい。

なんでも、発熱、手足が動かせないくらいの関節痛に加えて、とてつもなく怠くて、倦怠感と、疲労感とうつになっちゃったかと思うくらいの精神的な落ち込みなんかがあるそうです。

どれくらい症状は続く?

酷いと、3週間くらい症状が続くそうです。
考えただけでも、恐ろしいですね。

関節の痛みがあって体調が悪い時はりんご病も疑ったほうがよいかもしれません。

妊婦さんは特に注意!

そして、そして、さらに大変なことに、この病気、妊婦さんが罹ってしまうと、おなかの赤ちゃんに危険が及んでしまうのです。

りんご病で死亡する可能性は高くはありません。しかし、妊娠中にりんご病に感染すると、

お腹の赤ちゃんはママ以上に危険にさらされる場合があります。

妊娠中にりんご病に感染すると、約2~4ヶ月後に胎児に影響が出てしまう場合があります。深刻だと子宮内で生死にかかわる状態になるのです。

「妊娠中の胎児水腫」

妊娠中のりんご病で、お腹の赤ちゃんに最も危険な症状は胎児水腫(たいじすいしゅ)だと言われています。胎児水腫にかかると、赤ちゃんは重い貧血状態におちいり、皮膚が水ぶくれのような状態になります。

大切なのは、妊娠しているママは、りんご病を疑ったら、すぐに病院へ行くことです。妊娠中にりんご病に感染したら、早急に処置を施さないととても危険なのです。

伝染しやすい?ワクチンは?

伝染性もそれほど高くはなく、急激に流行するようなことはないと言われているようです。けれど、りんご病のワクチンは現在、開発されていないそうです。

運悪く、かかっちゃったら、じっとガマンの子で、耐えているしかない・・・

そうなのです。
ひたすら、予防が大切なのです。

インフルエンザの予防のように、うがい手洗いに気をつけて。おなかに赤ちゃんがいらっしゃるママは、体調がちょっとへんだな?って思ったら、

即、お医者さんにかかってくださいね。

名前はかわいいけれど、あなどれないりんご病のお話でした。

まさケロンのひとこと

大人になってりんご病にかかったらホンマにつらそうやな・・・
3週間も会社休む事になったら大変やで!

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。