ゲーム ビジネス・経済ニュース

隠された100ドル札を探せ。米で「善意のゲーム」広がる

Written by 言祝(kotoho)

富豪が仕掛け人

「Hideen Cash」

米・カリフォルニア州の富豪が行っている慈善活動が話題になっているとCNNが報道しています。

サンフランシスコの街を舞台に、100ドル札などを公共の場所に隠し、ツィッターで隠し場所のヒントを公開、市民に探してもらおうという、一種の宝探しゲームを始めたのです。

実際に100ドル札や封筒入りの20ドル札数枚が街のあちこちで見つかっており、1日あたりの総額は1000ドルほど。

Hideen Cash

というタイトルのツイッターの専用ページには続々と「宝」を捜し当てた市民の報告があがってきています。

「人々を笑顔にしたい」

「Hideen Cash」の仕掛け人は匿名の人物

不動産投資家で米国内でも上位の富裕層に入る人物とのこと。

CNNとの電話インタビューで、最近数千万円の利益につながる契約が成立したのをきっかけにし、富を社会に還元しようと思いついた、と動機を語っています。

彼は

組織化された慈善活動とは違った、楽しくて創造的なことをしたかった

と話しています。

人々を笑顔にしたいという仕掛け人の試みは見事に成功

自閉症の子供が見つけてくれた、同じビーチにいた人と分け合った、同僚にランチをごちそうした、慈善団体に寄付するつもり、など心温まる話が多数寄せられている。
今後も無期限で続けていきたい

と仕掛け人はうれしそうに話しています。

この運動が広がっていくことを望んでいる

フォロワーは7万人

27日の時点でHideen Cashのフォロアーは7万人に達しています。

なかには生活のためにお金が必要と訴える投稿もあるそうですが、仕掛け人は

あくまでもゲーム。家計の救済策としては期待しないで欲しい

と話しています。

また全米の他の富裕層もぜひ実行して欲しいと語っているそうです。

お金は流すもの

富とは川の流れのようなものだという言葉を聞いたことがあります。

一般的なお金の運用方法といえば貯めることです。

もし、あなたが仕掛け人のように数千万円の利益を得たならば、どう運用しますか?

貯蓄に回したり、ちょっとリッチな買い物をしたりしませんか?

そうです、ほとんどの人は自分のために運用するでしょう。

これは水槽に水をためているようなイメージです。

水槽の中の水は足さないと増えません。

しかし富豪はこう考えるのです。

富とは水の流れだ、富を流せば上流から新たな富がまた流れてきて、その動きは止まることがない

と。

真の富豪とはこの流れを作ることができる人、いえ、そのような動きが富であると気づいている人たちのことを指すのではないでしょうか?

今回の善意のゲームの仕掛け人は何の利益も得ていないと一般的には考えがちです。

でも仕掛け人は満足しているはずです。

人々の笑顔という大きな富が得られたわけですから。

まさケロンのひとこと

自分には全くの利益がない、むしろマイナスや、ってのに人のために何かできるってのは凄いと思うわぁ~
将来、ここまではいけへんけど、これに近いようなことが出来る人になりたいな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」