マツダが「MAZDA」と書く理由。なぜ?秘められた意味

Written by たき

日々、生活しているとちょっとした気になる謎が出てくることってありますよね。

私もちょっと気になる謎を、一つ持っているんです。

なぜマツダのアルファベット表記は何故

MAZDA

と書くのか?

普通にローマ字表記で書くと

MATSUDA

になります。
酷い人であれば、こういうちょっとした謎が原因で、寝れなくなる人もいるのではないでしょか?

そこで、今回はこのちょっと気になる謎を解明したいとおもいます。



スポンサーリンク

マツダの歴史

正式名称マツダ株式会社と言い、自動車の会社で広島県に本拠地を置いています。

  • 1920年に、東洋コルクエ株式会社が創業したのです。
  • 1927年には、「東洋工業株式会社」に正式名称が変わりました。
  • 1984年にはマツダ株式会社へと名前が変わったのです。

ちなみに、マツダの「M」を模したあのエンブレム、名前があるんです。

通称フライング・M

このエンブレムは、1997年から使用されています。

なぜ「MAZDA」?

さて、本題へ入ります。

なぜ、「MATSUDA」ではなく「MAZDA」なのでしょう?

あれですかね、5文字のほうがしっくりくるからですかね・・・

全然違いました!

マツダの広報部の方いわく、MAZDAというのは、西アジアの人類文明発祥とともに誕生したとされる神

アフラ・マズダー(Ahura Mazda)

に由来するらしいです。

「神アフラ・マズダー」は、

  • 叡智(えいち)
  • 理性(りせい)
  • 調和(ちょうわ)

の神様です。

自動車文明のシンボルとすることによって、世界平和を望み、なおかつ自動車業界の新たな光となる、という願いが込められています。

もちろん、創業者である松田重次郎さんの姓にもちなんでいますよ!

走行性能が良い

マツダの車は、ミニバンでもよく走るんです。

私の個人的な意見ですが、マツダのミニバンといえばMPVがはじめに出てきます。

購入した人の意見は、

想像以上の走りの良さ!

走るのが好きな人で、スライドのミニバンが必要な方にぜひお勧めした

MPVの足の良さを知っていて購入した場合も期待を裏切らない

と言われています。

私も結構欲しくなってきちゃいました。

デザインに力を入れている

2013年4月にイタリアのミラノで開催されたデザインイベントミラノサローネで、マツダの車デザインをしている川野盛樹さんを始めとするベテランの方々が作った椅子

KODOチェア

が展示されました。

この椅子は、魂動デザインをテーマに作られていて、製作者達の魂が宿る作品なのです。

このような人たちがデザインを担当しているので、車も素晴らしい作品となっています。

など他にも多くの良い所が、マツダにはあるのです。

まさケロンのひとこと

まさケロンの中の人は最近、バイクだけやじゃなくて車にも興味が出てきたみたいやなぁ~
おっと、中の人なんておらへんで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。