冬の話題 日本のこと

さっぽろ雪まつりの始まりは?雪像の製作者は毎年募集しています

Written by たき

2月といえば、札幌で大きな祭りがあります。

さっぽろ雪まつりです。

2014年のさっぽろ雪まつりの日程は

2014年2月5日水曜~11日火曜日(祝日)までになります。

開催時間は

9:00~17:00までです。

私は一度も行ったことがないので、一度行ってみたいと思っています。

テレビで見たことがありますが、実際はどういったお祭りなのでしょう?

そこで今回は、この「さっぽろ雪まつり」の雑学についてです。



スポンサーリンク

「さっぽろ雪まつり」とは?

「さっぽろ雪まつり」とは、雪と氷で作った像や彫刻などが展示される祭典です。

会場は、札幌市内の大通公園つどーむなど複数あります。

札幌市や市内の企業など、多くの団体からなるさっぽろ雪まつり実行委員会によって企画、運営されているのです。

日本だけでなく、海外からも多くの観光客が訪れます。

その数なんと・・・

200万人!

北海道で最も大きなイベントと言っても過言ではありませんね。

「さっぽろ雪まつり」の始まりは?

「さっぽろ雪まつり」の始まりは、1950年に札幌の観光協会と札幌市が主催し開催されたのが始まりです。

「第1回目さっぽろ祭り」では、札幌市内の中学校2校と高校3校の生徒が美術教師に指導され、6個の雪像を作って飾りました。

学生が作るとは、すごいですね。

どうせ学生が作る像だから多くくても、人間と同じぐらいの大きさなんでしょ?

と思った方、聞いてビックリしないでくださいね。

始めのうちは、雪像の高さ制限がなんと

7メートル

だったんです。

この時点でかなり大きいですよね。

ですが、1953年の第4回目に北海道札幌伏見高等学校の生徒が・・・

15メートル

もの高さの大雪像「昇天」を制作しました。

ここまでの大きさだと、現在の「さっぽろ雪まつり」で展示されている雪像と変わらないと思います。

今の「さっぽろ雪まつり」で雪像を作っている人は、

  • 陸上自衛隊
  • 札幌市職員
  • 市民ボランティア

などの方々です。

「さっぽろ雪まつり」に参加してみよう!

「さっぽろ雪まつり」では毎年、雪像の製作者を募集しているって知っていましたか?

ちなみに、今年の募集は2013年11月29日に終了しています。

毎年、募集を大きく上回る応募があるみたいそうです。

抽選により、雪像を作る場所を決め、今年だと製作期間は2013年1月30日~2月3日の5日間になります。

一週間もかけずに、あんなに大きな雪像を作るなんてすごいですね。

興味がある方は、次回参加してみてはいかがですか?

まさケロンのひとこと

まさケロンは寒いの苦手やけど、「さっぽろ雪まつり」一回行ってみたいなぁ~
誰か、まさケロンの雪像つくってや!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。