カラオケ

カラオケで高得点を出すための3つのコツ!

Written by ちょこばなな

職場の飲み会や友人との遊び、果ては一人で行ってストレス解消など。

カラオケに行く機会って年に数回は必ずありますよね。

それでマイクを渡されたら1曲くらいは歌わなきゃならない、そんな時に高得点だせたらカッコイイですし、歌っていて気持ちいいですよね!

今回はそんなカラオケでの高得点の出し方についてまとめてみました。



スポンサーリンク

カラオケで高得点を出すには?

どうしたらいいのでしょうか?

いくつかコツをまとめてみましたので参考にされてみてください。

音程を正確に

そんなことわかってると言われてしましそうですが、なんと言ってもこれが1番大切です。

でも音程を合わせるのって中々難しいですよね。

合ってると思ってもとろこどろこ違ってますし。

そんな時助かるのがガイドメロディです。

この音をよく聞きながら歌ってみてください。

また最近の採点では音程が画面に出るタイプもありますからそれを参考にするのもいいですね。

次はこれくらい上がるなという目安を持つのは大切なことです。

高得点が取れやすい曲を選ぶ

例えば

  • リズムが簡単に取れる曲だったり
  • 音域が少ない曲だったり

といった曲です。

特にアイドル向けの曲などは音域が狭く歌いやすい曲が多いので、音程を外しにくいので高得点を狙いやすいのだそうですよ!

ちなみにこんな曲が高得点を取りやすいと言われています。

「女性」なら

  • 残刻な天使のテーゼ/高橋洋子
  • タッチ/岩崎良美
  • もののけ姫/米良美一

「男性」なら

  • メリッサ/ポルノグラフィティ
  • 島唄/The Boom
  • ハートを磨くっきゃない/TOKIO

などなど。たしかにタッチなど歌いやすいですよね。

何を隠そう私のカラオケの高得点鉄板曲になりますので、たしかに歌いやすいというのは物凄く納得です。

歌声に抑揚をつける

通常のメロディー部分を普通に歌ったら、サビはかなり大声に歌うなどハッキリ分かるくらいの差をつけたほうが高得点になりやすいそうです。

いきなりで難しい場合はサビとその他のところで大きさ変えるぞと意識しながら、サビ以外のところでは少しマイクを口から離すようにすると簡単に抑揚をつけることができるのでオススメです。

但しサビ以外のところも音程がハッキリ分かる程度の声で歌わないと、本末転倒になってしまいますのでご注意を!

これから3月4月と別れと出会いのシーズンですので、カラオケに行く機会も多くなってくると思います。

是非その時自信を持って歌えるように今から練習されてみてはいかがでしょうか?

ちょっとした工夫でカラオケの点数があがるので、歌うのが更に楽しくなりますよ。

まさケロンのひとこと

飲み会の二次会といえばカラオケやんな!
歌い過ぎには注意しいやぁ~次の日声出えへんくなるで・・・

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな