動物・ペット問題

ペット保険。大切なあの子の為に補償を

Written by ちょこばなな

ペットは可愛い家族の一員という方なら聞いたこと、またはすでに加入されているかもしれませんペット保険。

名前の通り

ペットの為の保険

です。

何もなく天寿を全うしてくれるのがもちろんベストなのですが、生きている以上様々な事故や病気の可能性が付きまといます。

そういう場合、長期の治療が必要になり家計への負担も深刻なものになる場合もあると思います。

そんな時の為に助かるのがペット保険です。

可愛いペットに少しでも長く生を全うしてほしいですもんね。



スポンサーリンク

ペット保険とは

ペットの為の保険になるのですが、これは人間が使っている保険と少し制度がことなるので注意が必要です。

そもそもペットの治療費には基準がないうえに、医療保険制度もないため医療費が高額になってしまうことがあるんです。

それが長期の治療が必要な場合だと、考えるとかなり大変だということは想像に容易いですよね。

補償には2つのタイプが

人間なら医療費が3割負担になったりとする保険ですが、ペットの場合は以下の2つのタイプに分かれています。

定率補償型

これは言葉の通り定率で補償してくれる補償になります。

例えば50%の定率だとしたら、治療費が10,000円の場合なら実際に負担する金額は5,000円で済むというものです。

実費補償型

こちらも言葉の通り最初に決められた額内で補償してくれる制度になります。

例えば1日当たりの補償が3,000円だとすると、治療費が5,000円の場合負担は2,000円で済むことになります。

定率補償型と実費補償型それぞれにメリットとデメリットがありますので、資料を請求された際によくご検討ください。

また支払いの限度額や限度日数・回数などは保険のプランによって変わってきます。

月額の金額

プランの内容やペットの種類によってだいぶ変わってきますが、犬の場合だとだいたい20,000円代~のところが多いようです。

実は私の家でもペット保険に加入しています。

先代の犬が長いこと病気を患っていたので、今回は病気になる前に万が一のことを考えて加入していました。

今その子は緑内障の治療で1年以上病院に通っているのですが、ペット保険に加入しているお陰で負担金額事態はだいぶ少なくて済んで助かっています。

可愛いペットの為の保険

万が一のことを考えて資料請求だけでもされてみてはいかがでしょうか?

人間の保険と同じで資料請求の際は何社か一斉にして比較検討することと、その保険会社の情報を集めて検討することも大切ですよ!

またよく行く動物病院の先生に相談されるのもいいかもしれませんね。

まさケロンのひとこと

ペットは、家族の一員やで!
人間とおんなじで、怪我とか病気をした時に多くのお金がかかるんや。
せやから、ペット保険に入るのをおすすめするでぇ~

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな