お花見

お花見。場所取りが命?!新入社員向け成功のコツ

Written by ぽぷらこ

いよいよこの季節、お花見の季節がやってきましたね。

新年度、一番のイベントといったらお花見です。

新入社員に命じられる最初の大仕事がお花見の準備だったりしますが、この仕事、面倒くさいなどと侮ってはいけません。

新人がどれくらい使える子なのかしっかりと見ている上司もいますからね。

仕事と関係ないし、花見は行かないと断ってしまう若者もいるようですが、最初の印象は大切です。予想以上の働きをして、「できるヤツ」と思わせちゃいましょう。

それに、頑張ればみんなに喜ばれる楽しいお花見になりますからね。



スポンサーリンク

どんな場所を選べばいいの?

まずは、だいたいの人数を把握します。

この辺がきれいだなと立ったまま適当に決めてはいけません。

人数分のブルーシートをひき、座ってみてどこに座ってもまあまずまずきれいにお花が見えるところを選びます。

さらにポイントは、トイレの場所とゴミ箱の場所をチェックしておくこと。

お酒を飲みますのでトイレに行かれる方は多くなります。

トイレの目の前というのも避けたいですが、遠過ぎても困りますので目につかないけどそこそこ近いという場所を確保しましょう。

また、お花見スポットでは、お花見シーズンだけ巨大ゴミ箱が設置されていることが多いです。

ごみ箱がどこにあるかも場所取り段階でチェックしておくといいですね。

場所取りは何人で行けばいい?

お花見の規模にもよりますが、大所帯の場所を確保しなければならない場合やはり

3人以上がベスト

話合って決めることができますし、広い場所を確保しやすくなります。

また、前夜入りして場所取りを行う場合、徹夜ということもあるでしょう。

その場合も数人はいた方が安心ですし、時間を潰せますよね。

場所取りはいつ行けばいい?

いつ行くか?

を外してしまうと良い場所を確保できなくなります。

これは、ズバリ、前日の夜です。

寒いし大変ですけど、会社でのお花見というと人数も多いですから前日の夜に頑張りましょう。

夜桜宴会をされている方々もいます。どこの場所が人気かもチェックできますよね。

さらに、行った時点で良い場所を見つけて、そこで宴会が行われていたら、うまく幹事さんをみつけだして、

後片付けはやるので、終わり次第場所を譲って下さい!

予約をするのもひとつの方法です。

人気のある場所はもたもたしているとすぐのに取られますからね。

ただし、相手はまだ宴会中ですので、くれぐれも雰囲気を乱したり、邪魔になるタイミングにならないよう配慮して下さいね。

お花見の場所取りだからと油断してはいけません。

いい場所を確保したということは、ライバルたちに負けずにいい仕事をとってきたということと同じです。

自分をアピールするチャンスでもありますから頑張りましょうね!!

まさケロンのひとこと

花見は、ホンマに場所が大事やからなぁ~
幹事やる人は頑張りや!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ