誕生石・パワーストーン

2月誕生石「アメジスト」の歴史と効果。月の女神の女官

アメジスト
Written by ぽぷらこ

みなさんはご自分の誕生石をご存知でしょうか?

さまざまなパワーをもつ天然石は人類がマンモス狩りをしていたといわれる時代からお守りとして持たれていたといいます。

実際、ナポレオンやツタンカーメン、クレオパトラなども天然石、とくに自分の誕生石をお守りとして愛用していたといわれています。

日本でも水晶などは「浄化」の意味をもつとして古来より親しまれていました。あまり天然石に興味がない人でも「自分の誕生石」と思うとなんとなく親しみがわいてきますよね。

はっきりとした根拠はありませんが、昔から私たちの心を支えてくれるものとして身近にあった天然石。たまにはこんなロマンチックな世界を覗いてみるのもオススメですよ!。



スポンサーリンク

2月誕生石 アメジスト


2月の誕生石は「アメジスト」

学生の頃、ウィンドウショッピングの途中に偶然優しい藤色をしたアメジストの指輪を目にし「かわいいな、きれいだな」と思いつつもその日はなんとか我慢して帰宅したのですが、結局何日経っても忘れられずに数日後にもう一度そのお店にわざわざ出向いて小さなアメジストがついた指輪を購入してとても嬉しかった、という思い出があります。

日本ではもっとも気高い色とされ、さまざまな儀式で登場する「紫色」のアメジストは、古くから世界中の人に愛されてきました。

アメジストの歴史


ギリシャ神話ではアメジストは美少女の化身とされています。

ある時、酔っぱらったお酒の神バッカスが、次に出会う最初の人を猛獣ピューマに襲わせようと待ち構えていました。そこに現れたのが、月の女神の女官「アメジスト」だったのです。

アメジストがピューマに襲われる直前に、このことに気が付いた月の女神アルテミスが間一髪でアメジストを純白の水晶に変えてこの危機から救いました。

酔いから覚めたバッカスは美しい純白の水晶を見て自分の罪を悔い、水晶にぶどう酒を注ぎました。するとたちまち純白の水晶は薄い透き通った紫色に変化して美しい宝石「アメジスト」になったといわれています。

さらにバッカスはアメジストの器を持つものにはお酒に酔わせない力を与えたといいます。

さらに、ギリシャ・ローマ時代から

「アメジストのグラスで水を飲むと、悪魔を追い払うことができる」

「酒酔いをしないだけではなく、人生の悪酔いからも守ってくれる」


と信じられ大切にされてきました。

アメジストの効果


ギリシャ神話の名残で現在でもアメジストを身につけていると悪酔いをしないと言われています。

また、浄化作用が強いことから自分の内面を見つめ直し、ネガティブな気持ちを一新させて新しい気持ちで新しい世界に飛び込む勇気を与えてくれます。

  • 判断力を高める
  • 芸術的な才能を開花させる
  • 隠れた美しさや魅力、能力、才能を引き出す
  • 二日酔いを防ぐ
  • 大切な人との真実の愛を深める
  • ストレスを和らげ精神を安定させる
  • 不眠の改善
  • ポジティブな思考が身に付く
  • 魔除けのお守りとして最適

アメジストも天然石の中では有名な石ですよね。誠実な人との縁を呼び寄せるとも言われており色も安らげるとても美しい石ですので特に女性には大人気です。美しいだけではなくパワーも強い石ですので、浄化はきちんとしてあげましょう。

まさケロンのひとこと

誕生石、アメジスト!
まさケロンの隠れた美しさや魅力、能力、才能を引き出してもらおう!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ