メディア・報道

「うちのテレビはNHKが映りません」と言えるアンテナが売っている

NHKビル

受信料

NHK見ないけど払っています

皆さん、NHKの受信料払っていますか?

筆者は払っています。でも義務だからと自主的に払い始めたのではなく、断り続けることが出来なくなって、仕方なく払い始めたのです。

NHKは民放とは違い、コマーシャルを流すことで番組の制作費を捻出することが出来ませんから、受信料をしっかりと徴収しないと、番組を作ることができなくなってしまうんですね。

だから「国民の義務」などと未払い世帯に対して、しつこく支払いを求めてきます。

それは理解できるのですが、筆者はNHKをほぼ見ません。

唯一視聴していた年末の「紅白歌合戦」もここ数年は全く見なくなりました。

だから、もし受信料を払わないと、NHKがまったく見られなくなるようになってしまっても、ぜんぜん困りません。

全然中立じゃない、気がする。

NHKは受信料で番組を制作しています。

この方式を採用している理由には様々なものがありますが、その一つとして「中立性を保つため」と説明しています。

どういうことか?

もし民放のように広告収入に頼ると、スポンサー企業にとって都合が悪いニュースは放送できなくなってしまうからです。

でもこれって実際はちょっと違うと思います。

ニュースに限ってはNHKはまったく中立ではないと、筆者は思います。

NHKのニュースは起こったことを伝えているだけです。

こういう事件が起こった、と語るだけでNHKの考え方が反映されていないのです。

アメリカの報道の基本は、

「大統領は今日は青空だと言いましたが、私には灰色に見えます」


だという話を聞いたことがあります。

つまり「自分の考えを必ず述べる」、ということです。NHKの報道にはこの部分が欠けている。

会議に参加しているのに意見を全く述べないのと同じだと思います。

だから中立じゃない、メディアのくせに黙っているのが筆者にはまったく理解できません。



スポンサーリンク

NHKだけを映らないようにするアンテナがある

やろうと思えば出来るんだ。

筑波大学の視覚メディア研究室が、動画サイト主導のユーザー参加型研究「ニコニコ学会β」において、NHKだけを映らないようにするアンテナを開発したことを発表しました。

このアンテナ、厳密にはアンテナではなくアンテナとテレビの間に取り付けるフィルタです。

これを取り付けると本当にNHK EテレとNHK総合が見られなくなるそうです。

ちなみにNHKは地デジ関連の特許を多数保有しているため、日本国内ではNHKが映らない地デジ対応テレビを販売できないそうです。

このフィルタはそうした制約を回避するものであり、実際にAmazonで同じ性能を持った装置が販売されています。

NHKだけを映らなくすることって、やろうと思えば出来るんですね。

しかし…

これで、夢にまで見た、

「うちのテレビはNHKが映りません」


と言える環境が手にはいるわけです。

見られないのだから払わない、一応筋が通った理屈です。

ただしこれを取り付けることによって、受信料が免除されるという保証は全くありません。

筑波大学視覚メディア研究室の発表はあくまでも実験の結果、可能だったという報告として捉えるべきですし、販売しているといっても、企業ではなく出品という形態をとっていることは頭の隅に入れておくべきでしょう。

よく言われる「受信料の支払いは国民の義務」という根拠も、放送法の解釈によって左右されるようです。

まさケロンのひとこと

まさケロンも最初「NHK見ないし、勝手に電波送ってきてるのになんでお金払わなきゃいけないの?」って思ってたんだよね。
放送法のこともあるし、「がんばってね」って意味も込めて今は払ってるんだけど。

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」