夢占い

夢占い – 「予知夢」は本当にあるの?もう1人の自分が守る未来

猫の夢
Written by ポルカ

夢占いはすべて

「予知夢」

という夢の種類にあるものです。

一般的に、夢のうちの10%ほどが占いに使える「予知夢」で、それ以外は脳の記憶を整理したり、体の状態を表したり、強く考えたことがそのまま夢に出るといったもの。

ほかは

夢診断・夢判断

という言い方をします。

今回は、占いの源となる不思議な「予知夢」について見ていきましょう。



スポンサーリンク

予知夢は本当にあるの?

宝くじが当たった人の夢

宝くじが当たったという人をテレビ番組でたまにみかけます。

すると、

「最近、宝くじが当たって、大金を手にするという夢を見たんです」


とコメントする人がいました。
 
これは本当なのでしょうか?

半信半疑の人もいると思いますが、予知夢として十分にあることで、理にかなったものといえるのです。

宝くじが当たったらどんなに素晴らしい人生が待ってるだろう!

と誰もが想像しますよね。

大金を手にして、人生を謳歌するのはみんなの夢。

宝くじの高額当選は、人生や考え方、人との関わりまで変える可能性があるんです。

夢は、その人の意識(考え方や人生そのもの)に大きな影響を及ぼす出来事があるとき、現実に起こることを察知して知らせているのです。

お金が入れば、身の回りにあるモノが変わる。出かける場所が多くなる。

そこで会う人が多くなる。何より、人生が楽しくなること間違いなし!

それだけ自分の考え方(意識)に影響するといえるでしょう。

つまり、これまでの自分とは違う生活をし、違う人格になる可能性がある。

夢は心の生命維持装置で、脳や意識が大きく変わるとき、その生命が壊れないように、あらかじめわかっていることを伝える役割をすると言います。

全体の夢のうちの10%がこの予知夢にあたるようなので、夢は常にチェックが必要です。

もしかしたら、人生を変えるビッグチャンスが待っているかもしれません。

夢はいつもチャンスを探してる!

私たちは起きている間に五感でものをとらえていますね。

  • 見たり
  • 聞いたり
  • 触ったり
  • 味わったり
  • 嗅いだり

これらの情報はあたまに記憶されて整理されていきます。
 
こうやって起きている間に脳が働く、それが「意識する」ということです。

しかし、「意識」と一緒に働いている存在がもう1つあります。

それが

「無意識」

です。

「無意識」は、五感でとらえきれなかった物を勝手に探して、脳に記憶しているといいます。

見つけた物、その形や色などすべて。

そして、出会った人も。

あるパーティーに行ったときに、大勢の中であなたが話した人は3人だったとします。

しかし、その後ろにあなたにとって有益な話をしたり、チャンスをくれる「運命の人」がいたとしたら。

「無意識」は、その人の存在を見つけて、

「運命の人が話したがっているという感情」

を察知し、寝ているときに脳に伝えているのです。

これが予知夢を見る仕組みです。自分の中にあるもう1人の自分が、いつもチャンスを探してくれています!

予知夢はすべてを伝える

予知夢はもう1人の自分からのメッセージ

「無意識」が自分にとって有益な情報を夢で伝えることが予知夢。

では、予知するのは、すべていいことばかりなのでしょうか?

そうとは言えません。

プラスとマイナス、両方のメッセージがあります。

自分の体や心に起きる出来事で、命を維持するために見せるのも予知夢ですから、トラブルから身を守ることもその役割なのです。

明日乗ろうとしていた列車がアクシデントに見舞われる、予約した旅先で災害にあってしまう、など。

自分の体と心に多大な影響をあたえることを知っていて、それを見せてくれます。

よく、嫌な夢を見た、後味が悪い夢を見た、と言って気になることがあります。

それが夢の10%にあたる「予知夢」であった場合、自分の命をつなげることになるのです。

自分の中にはもう1人の自分がいる。その存在が、私たちを守ってくれるのです。

まさケロンのひとこと

「予知夢」が夢の10%ってことは、10回に1回は予知夢を見てるってことなのかな~。
まずは夢を忘れないようにしないと。。

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ポルカ

「夢を見る」は「夢を診る」こと。
夢を理解することは、自分に対する医業なのです!
たくさんの夢から未来へのメッセージを受け取り、より良い運命を切り開きましょう。