集団塒/雀のお宿?街路樹が雀のなる木になった!

街路樹の雀
Written by すずき大和

夏から初冬にかけ、駅前の街路樹の特定の木に、夕方になると膨大な数の雀が集まってきて、

「ピーチクパーチク」

とうるさいくらいに鳴いているのに気付いたことはありませんか?

たいていは、葉の多い木に集まっているので、実際に止まっている雀の様子は良く見えないことが多いのですが、鳴き声の大きさからすると、数十羽という数がいそうです。まるで、枝いっぱいに雀がなっているみたいです。



スポンサーリンク

鳥だけに見られる期間限定の集団お泊り会

若い雀が集まって眠る場所

これは、「集団塒(しゅうだんねぐら)」と呼ばれる現象です。

塒(ねぐら)とは“寝ぐら”のことで、雀のなる木は雀が朝まで眠る場所です。夕方、集まり始めて1~2時間くらいは騒々しく鳴きまくっていますが、暗くなる頃にはすっかり静かになっています。

いなくなったのかな?と思ってよくよく見ると、枝にびっしりと雀が止まって眠っているのがわかります。夜が明ける頃になると、またそれぞれ餌を求めて飛んで行ってしまいます。

雀だけでなく、椋鳥や燕などにも見られる習性だそうです。数十羽単位で集まることが多いですが、大きな木や、周辺2、3本の木が塒にされている所では、数百羽という大集団になることもあります。

近辺エリアで暮らす雀の中で、その年の春に生まれた若い雀が主に集まってくるそうです。生殖を経験した大人の雀も混じっていますが、成鳥の多くは集団塒にはこないで、自分の塒で寝ています。

まだはっきりと解明されていないことがたくさん

ある年突然雀のなる木が出現し、翌年からずっと同じ木が塒にされるようになるパターンが多く見られます。最初は一本の木だけだったのに、年々周りの木にまで集団が膨らんでいくこともあります。

十年以上同じ木が雀のなる木になっていることもあれば、数年ごとに集まる木が移動していく所もあります。突然ぱったり雀がこなくなることもあります。

集団塒に関しては、まだ解明されていないことのほうが多いのです。

  • どうしてその木が突然選ばれて塒になるのか
  • 集まった時にピーチクパーチク鳴き合っているのはなぜなのか
  • 集まってくる雀とこない雀は何が違うのか


などについては、いろいろ憶測されていますが、本当の所はよくわかっていません。

集団で眠る理由としては、

  • 天敵に襲われた時、大きな集団でいるほうが逃げ切りやすい
  • 大勢で固まっていると体温が保ちやすい
  • 餌場の情報を拡散・共有することができる


などの説が一般的です。が、寒さがより厳しい上に餌や身を隠せる葉っぱが少なくなる冬場になると集団塒を作らなくなるのはなぜなのか?という疑問も湧きます。

雀の気持ちになって妄想してみる

雀のなる木は「雀のお宿」なのか?

集団塒が「集団お泊り会」だとすると、雀のなる木はさながら「雀のお宿」といえるのでしょうか。お泊り会会場ですから、なるほど「合“宿”所」になっています。

しかし、舌切り雀のおじいさんが探して歩いた「雀のお宿」とは、雀の「住み家」のことでしょう。集団塒は住み家と呼べるのでしょうか?

家といえば「巣」を連想しますが、実は鳥類にとっての巣とは、必ずしも

住み家=普段の塒

ではありません。鳥は「巣」「塒」をはっきりと使い分けています。

塒は、夜寝るための場所です。特定の決まった場所で寝る種が多いですが、巣のような特別な構造物を作ることはほとんどありません。

巣は、卵を産んでヒナを育てるための場所です。産卵からヒナの巣立ちまでの繁殖期間は、親鳥も巣で眠りますが、子育てが終了すれば巣を捨てて、自分の塒で寝るようになります。

結局、おじいさんが探していた「お宿」は、集団塒か自分の塒か、舌切り雀が寝ていたほうなのでしょう。大勢におもてなしを受けていましたから、やはり集団塒の可能性が高い気がします。

集団塒を作るタイミングが意味すること

雀は3~8月くらいが繁殖期で、通常はこの間に2回卵を産み育てると考えられています。

産卵から巣立ちまで、一か月強くらいです。巣立ち後のヒナが自分の塒で寝る生活に慣れた頃、集団塒の季節を迎えていたことになります。

雀は繁殖の時も20つがい以上の集団が集まっている習性があるそうです。若鳥にとって集団塒は、さながら、卒業直後に元同級生が恋しくて、つい5月の大型連休に同窓会開いちゃった、みたいなノリなのかもしれません。

夕方のピーチクパーチクは同窓会トークですから、かしましいわけです。同窓生に癒されて気持ちがリフレッシュしたら、厳しい冬にちゃんと向き合うために解散するのかな・・・。

2年目の秋は、落ち着いてそんなに濃く友だちと群れなくても大丈夫になるため、集団塒にこない者が増える・・・なんて考えると、妙に納得してしまいます。となると、成鳥なのにまだ集まっている奴らはモラトリアムってこと!?

なんだか勝手な妄想ですが、妙に雀に親近感が湧いてきて面白いです。あなたも、もし雀のなる木に遭遇したら、そっと下にいって、ピーチクパーチクの会話の内容を想像してみると楽しいかもしれませんよ。

まさケロンのひとこと

雀にお願いなんだけど、糞も一箇所にしてもらえないかな・・・。
(こないだ頭に落ちてきた)

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。