メンタル

悲しみが人を幸せにする?人に負の感情がある理由って何?

悲しむ女性
Written by すずき大和

2015年にヒットしたピクサー製作のディズニー映画「インサイド・ヘッド」 は、小さな女の子の頭の中にいる、様々な擬人化された感情たちが、すったもんだする様子を描いたファンタジー作品です。

感情たちは女の子を幸せにするために、日々頭の中で懸命に働いています。ヨロコビというプラスの感情だけではなく、イカリやビビリやムカムカ、そしてカナシミという、一見負の感情も、とても大切な役割がある、欠かせないその人の一部なのだ、ということを教えてくれるストーリーになっています。

子ども向けなので、なんだか道徳くさい話だなぁ~と思うかもしれません。が、この映画に一貫しているテーマ

「『悲しみ』は何のためにある?」

という問いは、脳科学や進化生物学、哲学などの学者が、昔から研究してきた命題です。

カナシミの存在意義とは、実はとっても科学的で深い真理があるんです。



スポンサーリンク

悲しみは特別に強い影響力のある感情

悲しみの威力は他の感情に勝る

悲しみは“大きな影響力のある強い感情”です。

インサイド・ヘッドでも、カナシミが記憶のボールに触ったせいで、ヨロコビの思い出が、みるみる悲しみ色に変わったところから話が展開します。

2014年、ベルギーのルーヴェン大学のふたりの教授が、学生を対象に、感情的になった体験を調査しました。27種類の感情について、それが持続した平均時間を統計化しました。

  • 「羞恥心」
  • 「嫌悪感」
  • 「恐怖」
  • 「いらだち」
  • 「驚き」
  • 「感動」


など、強烈なように思える感情も、意外とすぐに消え去ってしまうことがわかりました。

一方で、「悲しみ」は最も長い120時間にわたって持続していました。

これは、2番目に長かった「憎しみ」60時間、

3番目の「喜び」35時間と比べても突出しています。


悲しみの影響力の大きさが、時間を物差しとして証明されています。

悲しみが強く大きくなる要因

両教授は、

「短時間で収まる感情は、それほど重要ではないことがきっかけ」

「長時間続く感情は、非常に関心の高いものに関連することがきっかけ」


でおきる傾向があるといいます。

長く続く感情は、後から高まってくることもあるので、

「その時の様子を繰り返し思い出すことで、感情が持続・強化されるのではないか」


ともいっています。

  • 関心が高いことだからこそ繰り返し思い出し
  • 繰り返し思い出すことで強く長く心に残る


悲しみはそういう感情です。

悲しみと幸せは表裏一体

進化の視点から見る喜びと悲しみ

進化という点で考えると、高度に進化した人間が持っている機能は、必要性の高いものが洗練されて残されているはずです。マイナスの感情も、何かの点で有利に働くから存在すると考えられます。

原始的な動物の感情は、「怒り」「恐怖」です。自然界で外敵に対峙して生き残るために必要な感情だからです。

野生動物は、人間と違い、「喜び」「悲しみ」より「怒り」「恐怖」の感情に強く行動を制御されます。

猿や人の社会では、仲間とそうじゃない者を区別して、同種の中でグループ闘争することが、外敵と対峙するより重要です。そのため、生物学者の多くは、人間は社会形成に役立つ感情が発達した、と考えています。

集団を形成し、社会を作って生きるようになった人間は、例えば「喜び」「悲しみ」の感情を仲間内で共有することで、集団の結束を高めていったと思われます。

また、集団社会とは一方で様々なストレスを生みます。涙は、ストレス解消の効果が大きいため、からだは「涙を流す」ことを欲し、悲しみに敏感になった、と考える人もいます。

しかし、涙のスイッチなら、悔しさや恐怖や感動もあるのに、なぜ悲しみだけ敏感になったのか?はわかりません。

傷つき悲しんだ体験が幸せになる能力を高める

2016年春、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の進化生物学者クレイグ・モリス博士は、「別れの悲しみを体験した女性のその後」について調べました。

96か国の5,705人を対象に調査したところ、「パートナーの浮気」が原因で別れた女性たちは、短期的には強く傷つきマイナスの影響を受けますが、その後、より誠実な男性を見つけて幸せになる傾向が見られたそうです。

彼女たちは、辛い体験を経て成長し、ダメな男を見分ける能力が高まったと、博士は分析しています。

博士は

「私たちが関係を求め、それを維持するように進化したのなら、関係の終わりに対応するメカニズムの進化があったと考えるのが理論的でしょう」


といいます。

わかりやすくいえば、悲しみは、

「将来同じ体験を繰り返さないように促す『進化の動機付け』の役割を担っている」


ということです。つまり

「悲しみは進化のスイッチ」

ってことでしょうか。

インサイド・アウト=裏返しの感情

  • 周囲との結束を固くするのに悲しみが役立つ
  • 悲しみは、より幸せな将来を選択する能力を磨くバネになる


このことは、

  • 悲しみと喜び(幸福感)は表裏一体のものである
  • 悲しみがあったから、喜びを求める力が沸いた

という真理につながっています。

これは、まさにインサイド・ヘッドの主題です。もともと、英語の原題は

『インサイド・アウト(INSIDE OUT)』

直訳するなら「裏返し」です。

「カナシミを裏返すとヨロコビが生まれるんだよ」


それがこの映画の最も伝えたいメッセージでした。

今、周りに何かの悲しみに打ちひしがれている人がいたら、カナシミの本当の役割について、ぜひ教えてあげてください。

まさケロンのひとこと

悲しいのはいやだけど、今より成長するためには必要なことなのかもしれないね。

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。