子猫の飼い方!猫と楽しく暮らす為に・・・

Written by ちょこばなな

まもなく4月、一人暮らしを始めるにあたってペットを飼い始める方も多いのではないでしょうか?

そんな方に人気なのが

犬と違って散歩をしなくても大丈夫な点も人気の利用ですね。

今回はそんな子猫との出会いから飼い方までをご紹介します。



スポンサーリンク

子猫の飼い方

猫を飼うと言っても子猫から成猫まで色々いますが今回は比較的多いと思う、子猫の飼い方をご紹介したいと思います。

子猫を飼う前の準備

実際に子猫を家に迎える前に、迎える準備をしておきましょう。

まず一人暮らしの方の場合問題ないですが、ご家族と一緒に飼う場合飼う前に必ず家族全員の了承をとりましょう。

道具をそろえましょう

  • トイレ用品(猫がトイレに行きたい時にトイレにいけるように猫用のトイレを用意してあげてください)
  • 餌関係(毎日の食事用にキャットフードと餌皿を用意しましょう。猫の餌は年齢によって用意されているので
    年齢に合ったものをあげてくださいね。餌皿と一緒に水皿も用意してくださいね)
  • 爪とぎ用のもの(猫の爪は常に伸び続けています。とぎ器を用意してそれでとぐ用にしつけて他のところでとがないようにしましょう)

以上に合わせて余裕があれば猫用のおもちゃやケージ、コロコロなども用意してあげるといいですね。

また近くの動物病院の場所も確認しておきましょう。

子猫との出会い

子猫との出会い方はペットショップやブリーダーさんから購入したり、知り合いに譲ってもらったり、保健所からもらってきたりと色々あると思いますが、それぞれの個体によって性格も変わってくるので相性を大切にしてくださいね。

トイレのしつけ方

トイレのしつけはとても大切なことですよね。

猫のしつけは比較的簡単なので最初のうちにしっかりしつけてあげてください。

実は猫にはもともと砂のあるとこで用を足すという習性を持っています。

ですので猫がわかりやすいところにトイレの容器とトイレの砂を入れておきます。

もし子猫がトイレの場所がわからないようでしたら、できるだけ子猫の活動範囲の中にトイレを用意して、子猫がそわそわしだしたらトイレに連れていってあげてください。

これを続けることでトイレの場所を覚えてくれます。

動物病院に連れていこう

子猫の場合もしまだワクチンなどを摂取していない場合、生後3ヶ月を目安に動物病院に連れて行ってください。

その時獣医の先生に避妊や去勢について相談するといいでしょう。

猫は生き物です。

飼ってくれたあなたがいないと生きていけまん。

責任もって飼って楽しい猫ライフを満喫してくださいね。

まさケロンのひとこと

ペットを買う上で一番大切なのは、最後まで大切に育ててあげることやと思うわ。
そしたら、家族も同然やで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな