航空機

ボーイング777-9X型の飛行機とは

Written by ちょこばなな

先日全日空(ANA)が20機発注したことで話題になった

ボーイング777-9X

このボーイング777-9Xとはどういった飛行機なのでしょうか?

今回はそんなボーイング777-9Xについて調べてみました。

ちなみにANAは今回の発注でボーイング777-9X20機を含み合計70機を発注

合計金額は1兆円を超え、ANAグループとしても過去最大規模の発注になった。

ボーイング777-9Xとは?

既存のボーイング777-300ERをべースにした派生機です。

既存の双発ジェット機を上回る最大積載重量と燃費で運航コストの削減を可能にします。

総座席数は約400席

機内の座席構成などによって多少変動があるようです。

航続距離15,185km

ボーイング777-9Xは従来のボーイング777と比べて燃費が最大で20%向上することに加え、騒音も大幅に抑えられることで、空港近郊の住民への配慮にも繋がることができます。

ボーイング777とは?

ではその元になったボーイング777とはどんなものなのでしょうか?

ボーイング777はボーイングの名の通りアメリカのボーイング社が開発したワイドボディ双発ジェット機です。

ワイドボディ機というのは旅客機の客室部分1階に通路が2本あるものをいいます。

ちなみにこれに対して通路が1本のものをナローボディ機と呼んでいます。

双発ジェット機というのは左右の主翼に1期ずつジェットエンジンが搭載されたもののことをいいます。

またボーイング社として初めて操縦系統にフライ・バイ・ワイヤを採用しました。

フライ・バイ・ワイヤとは航空機の操縦・飛行制御システムの1種です。

ボーイング777は200型300型に大きく分かれます。

300型は200型よりより多くの乗客を乗せることができます。

また継続距離が長いER型、更にER型より継続距離が長いLR型、貨物専用のF機などがあります。

飛行機には夢があります。

ボーイング777系だけでなく、少し前に開発されたボーイング787は通称ドリームライナーと呼ばれ、カーボンなどの複合素材の使用比率が大幅に増えたことでも有名ですね。

余談ですが飛行機の整備はとても厳しく、整備する機種に応じて講習などを受けて試験に合格しないと整備ができません。

また機長などのパイロットも1つの資格で1つの機種しか運転できません。

飛行機は型によってコックピット内もかなり変わってきます。

その誤差による事故をなくす為でもあると思うのですが、そうやって安全管理をしているからこそ飛行機事故って少ないんですよね。

ボーイング777-9Xが実際に投入されるのはまだ先ですが投入されたら1度くらいは乗ってみたいですね。

まさケロンのひとこと

騒音が減るってのはええなぁ~
乗ってる人もそうやし、空港の近くに住んでる人にもやさしな!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな