ビジネス・経済

きれいな字の書き方を覚えて活用しよう!

Written by ちょこばなな

結婚式や手書きのちょっとしたメモなどがきれいな字で書いてあるだけで、印象がぐっとよくなりますよね。

自分は字があまり上手くないと思っていても書き方次第で数段上手く見せることがでます。



スポンサーリンク

きれいな字の書き方見せ方とは?

ではどんな字がきれいに見えるのでしょうか?

まず大きさが漢字と平仮名でそれぞれ揃っていてバランスが取れている字は美しく見えます。

そう見せる為には?

字自体は練習すれば誰でも上手くきれいな字を書くことができますが、それにはある程度の時間が必要です。

ですが今すぐにでも少し意識するだけで字をきれいに見せることができます。

大きさを揃える

字の大きさがバラバラだときれいに見えません。

漢字などの字画が多いものは大きめで平仮名は漢字よりも少し小さめに書くことで、漢字と平仮名のバランスも取れ、よりきれいな字に見えます。

文字の傾斜を揃える

傾斜がないまっすぐな字より少し右上がりの字のほうがきれいに見えます。

またこの傾斜の角度を揃えることで文字そのものが整って見せることができます。

縦の線はまっすぐに引く

横の線は右斜めに上げますが縦の線はまっすぐに引くようにしましょう。

偏と旁に両方縦線がある時はその線が平行になるように気をつけてください。

書きやすい文房具を選ぶ

えんぴつやシャーペン、ボールペンなど様々な筆記具で書くことがあると思いますが、その中で書きやすいものというのはあると思います。

力を込めすぎないで書けたり、他の筆記具よりきれいにかけると思うものが自分にあった筆記具です。

文字の間隔を整える

文字の大きさだけでなく文字と文字との間隔に気を配ることも大切です。

書き順に気を配る

特に意識せず書いている字ですが少し書き順を意識してあげるだけで、字がきれいに書けることがあります。

書き順通りに書くことで筆を正しく運ぶことができきれいな字が書きやすくなります。

時間をかけて書く

時間をかけることで丁寧な字に見せることができます。

結婚式上での名前など短い文字のときは特に有効です。

大切な時などは時間をかけて書くようにしてください。

きれいな字を頭にいれておく

実際にきれいな字を頭に入れておき、書くときに思い出すようにするだけで字はきれいになります。

成長するにつれて人前で字を書くことはあまりないかもしれませんが、その分書く機会になると緊張しますよね。

その時、今回のポイントを思い出して書くことで少しでも楽に書くことで、よりうつくしい字を書けるはずです。

字を書くことで難しいと思わないことが大切なポイントかもしれませんね。

まさケロンのひとこと

履歴書とかって、綺麗に書かなアカンから綺麗な文字を書く練習はしといて損はないでぇ~
心を落ち着けてゆっくりかけば、綺麗な文字がかけるはずや!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな