ビジネス・経済ニュース

「フラワー・ショット・シェル」命をはぐくむ銃弾。

Written by 言祝(kotoho)

銃弾は命を奪うためのもの

銃社会アメリカ

アメリカは銃社会です。

州によって方法は異なりますがおおむね誰でも銃を持つことが出来る制度が確立されています。

西部開拓時代から培われてきた

自分の身は自分で守る

という精神が今も引き継がれているのです。

銃が社会にとけ込んでいるということは犯罪に使用される可能性も高いようです。

おそらくは撃たれたらただではすまない銃が犯罪に使われ、それから身を守るために一般市民が銃を所持する。

そんな社会が成り立っています。

是非は問いません。

銃社会というものが簡単に是非を問えるようなレベルではないからです。

アメリカのそれはそんな単純なものではありません。

文化といってもいいぐらい伝統的で社会にとけ込んでいます。

日本でも銃は所持できる

日本でも銃は所持できます。

所持できるのは

  • 狩猟
  • 競技目的のライフル

という形の大型のもの。

拳銃の所持は出来ません。

普段持ち歩くことの出来る大きさである拳銃は日本では一般市民には必要ありません。

警察が守ってくれるからです。

日本の警察は世界でも屈指の優秀な組織といわれています。

そのため治安も良い。

だからアメリカのように自衛する必要がないのです。

こんなことを書くとまるでアメリカの警察が優秀ではないようにとらわれがちです。

アメリカの警察が優秀なのかどうかは筆者にはわかりません。

さて、日本で銃を所持することが出来ると書きましたが、簡単にはいきません。

当然のことながら警察の許可が必要です。

費用もかかりますし、維持していくのも大変だと聞きました。

もしあなたが競技目的で銃の所持許可を得ることが出来たとしたら、一番最初に入手できるのが散弾銃という種類の銃器です。

散弾銃は危険

散弾銃の弾は、よく知られている弾丸とはちょっと異なります。

筒状の薬莢のなかに球形の弾が複数仕込まれていて、発射すると弾が広がりながら進んでいきます。

文字通り複数の弾が散りながら目標に向かっていくのです。

クレー射撃や鳥類の猟に有利とされています。

じつは散弾銃は銃の中でも殺傷能力が高い種類にはいるそうです。

散弾なのでもし人を撃ったら弾の摘出に時間がかかります。

また弾の形状が球形なので目標をひどく破損させます。

そのため国際的な条約で散弾を戦争に使用することを禁じているケースもあるそうです。



スポンサーリンク

花の種をまく銃

散弾の代わりに花の種

銃は人の命を奪ってしまう宿命を与えられてしまった道具ですが、その逆の発想ともいうべきニュースがあります。

その名も

フラワー・ショット・シェル

花の散弾とでも訳せばいいのでしょうか。

なんと、弾丸の代わりに花の種を詰めた散弾が登場したのです。

実用的な意味があるかどうかは分かりません。

もしかしたら一種のデモンストレーションかもしれませんが、弾丸の代わりに花の種を打つなんてとてもすてきな発想だと思いませんか?

ただし中身は花の種であっても火薬を使っているので人に向けて撃ってはいけません。

射撃イコール種まき

このアイデアは

銃は人の命を奪うものではなく、命をはぐくむことも出来るのではないか?

という問題を銃を使う人々に対して呼びかけているような気がします。

そういえば銃で人を殺すのではなくて、人を生き返らせるゲームが開発されたという話題を聞いたことがあります。

ちょっとファンタジーですが、このフラワー・ショット・シェルもそんなメッセージが込められているのかもしれません。

まさケロンのひとこと

ようは、ものは使いようってやつやな!
悪い影響があるものでも、使いようによっては良えもんになるってことやねぇ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」