二日酔い

急性アルコール中毒かもと思った時の対処法!

Written by ぽぷらこ

ゴールデンウィーク中は、学生時代の友人、幼なじみなど気心の知れた人と

飲み会の予定

があるという人も多いですよね。

会社での飲みとは違って、馴染みの友達と飲む時はついつい飲み過ぎてしまうという人もいます。

楽しいですものね。

しかし、そんな時もしも友人が飲み過ぎてしまって泥酔してしまったら大変です。

急性アルコール中毒

は誰でもなってしまう可能性があります。

日頃、飲み慣れている人も体調や飲み方によっては急性アルコール中毒になってしまうことも。

初期対応を間違ってしまうと死にいたることもある恐ろしい急性アルコール中毒。

対処の仕方を知っておくことはとても大切です。



スポンサーリンク

泥酔状態の人を絶対に一人にしない

泥酔状態の人を一人にしないことがまずは基本です。

危ないなと思ったらトイレなどにもついて行ってあげましょう。

トイレの中で昏睡状態になってしまって、誰も気がつかないなんてことになったら大変です。

もしも昏睡状態だったら

声をかけても返事をしない、つまんだり痛みを与えるようなことをしても反応しない場合はとても危険です。

すぐに救急車を呼びます。

この判断が遅れると命取りになりますので、意識レベルの低下を感じる場合は迷わずに救急車を呼んで下さい。

救急車を待っている時は、体を締め付けているものをゆるめ、横向きに寝かせあごをひきます。

なるべく体を起こしたり動かしたりしないようにします。

急性アルコール中毒は嘔吐物を詰まらせて窒息死する場合が多いですので、必ず横向きに寝かせましょう。

嘔吐した場合はタオルなどで拭き取ります。

また、体温が低下しますので上着、毛布などをかけてあげたり、室内の温度を上げたりしましょう。

反応がある場合の対処法

声かけに反応する場合やつまんだ時に振り払う動作をする場合はまだ意識があると考えます。

ここで意識があるからと安心して一人にしてしまったりしないようにして下さい。

意識がある場合、声をかけながら水を飲ませてあげましょう。

体温が下がらないようにするためなるべく冷たくない水を飲ませるようにします。

血中アルコール濃度を下げることが大切ですのでたくさんの水を飲ませましょう。

やはり体温が下がりますので温かくしてあげます。

大量の嘔吐物や血液が混じっていた場合

嘔吐物の量が多かったり、血液が混じっていたりしたら危険です。

すぐに救急車を呼びます。

嘔吐物が詰まらないように横向きに寝かせて、あごをひいてあげることを忘れないようにしましょう。

急性アルコール中毒はとても怖いものです。

イッキ飲みは絶対にしないこと、イッキ飲みではなくても短時間でハイペースで飲むのも危険ですのでやめましょう。

ほろ酔い程度で楽しく飲めるといいですね。

まさケロンのひとこと

酒は飲んでも飲まれるな!ってことやね。
ホンマに飲み過ぎは危険やから、限界まで飲んだり、イッキとか、ハイペースで飲んだらアカンでぇ~

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ