二日酔い 頭痛

二日酔い予防や吐き気、頭痛を即効で治す方法を教えます!

Written by たき

年末年始になると、飲み会が多くなってきてお酒を飲む機会が多くなりますが、二日酔いになるのは嫌ですよね。

そこで今回は、二日酔いを防止する方法と二日酔いになってしまった時の、即効で治す方法を書いていきます。



スポンサーリンク

二日酔いの原因

二日酔いは、自分の代謝能力以上にお酒などの「アルコール」を摂取することにより引き起こります。

つまり、代謝により「アルコール」が「アセトアルデヒド」になり体外へ排出されますが、このアセトアルデヒドが体内に残っていると二日酔いの原因となるのです。

急性アルコール中毒とは違い、生死には関係ありませんが、吐き気や頭痛といった不快な症状がでます。

二日酔いを防止するために

ここでは、二日酔いになる前に出来る予防策を紹介していきます。

空腹時の飲酒はNG!

空腹時に飲酒すると、胃と腸で吸収できる栄養が無いためアルコールのみを吸収してしまいます。

なので、アルコールの吸収速度が上がり、二日酔いや気分が悪くなる原因となるのです。

お酒を飲むときは、軽く食事を済ませてからにしましょう!

お酒を飲む前にオリーブオイルをスプーン一杯飲む

この二日酔い予防策は、ヨーロッパでよく使われています。

何故オリーブオイルが二日酔い予防となるかというと、脂肪が多く含まれているからです。

脂肪は胃の中でほとんど消化、吸収されず、その下にある十二指腸で消化されます。

なので、胃でのアルコール吸収を大幅に防ぎ、腸での吸収速度を遅くすることで、二日酔い防止となるのです。

ロシアでは、バターやサワークリームを食べて二日酔いを防止するのがよく知られています。

二日酔いを治す方法

つい飲み過ぎて、二日酔いになってしまう人も多いと思います。

そんな人必見です!

しかし、この二日酔いを治す方法には、少し荒療治なところもあるのでご注意ください。

代謝を高めてアルコールを体外へ出す

ようは、アルコールが分解されて出来たアセトアルデヒドを体外へ出せば二日酔いは治りのです。

つまり、代謝を高めてアセトアルデヒドを早く体外へ出せばいいんです。

代謝を高める方法としては以下のとおりです。

  • 水をたくさん飲む
  • 汗をかく〈ただし、お風呂やサウナはNG〉
  • 点滴をうつ

点滴をうつ、と言うのはなかなか出来るものではありませんが、一番二日酔いに聞くそうです。

トマトジュースが頭をスッキリさせてくれる

頭痛や頭がボーッとする時は、トマトジュースを飲むことによってスッキリすることが出来ます。

トマトに含まれているグルタミン酸の効果によりスッキリするのです。

更に、トマトにはクエン酸やリンゴ酸が含まれているので、疲労物質の代謝を促してくれます。

最後に、予防出来るからといってお酒の飲み過ぎはダメですよ。

予防策には限界がありますし、治せるからと言っても辛い思いをすることになります。

なので、お酒はほどほどに楽しみましょう!

まさケロンのひとこと

まさケロンも、飲み過ぎて次の日にえらい思いしたことあるわぁ~
この方法で、二日酔いとはおさらばやな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。